THE BOOK OF JONAH

By
Barclay F. Buxton, M.A.



ビー・エフ・バックストン著

ヨ ナ 書 霊 解

日本伝道隊聖書学舎出版部


── 目 次 ──

spacer.gifspacer.gif
 第 一 章 
ヨナ──ヨナの史実性──ヨナの使命──起ちて往け──ニネベ──タルシシ──機よき船──神の干渉──烈しき颶風──神ヨナを指摘したもう──罪の恐るべき結果──船夫の改宗とヨナの保護
 第 二 章 
『ヨナ祈禱りて』──ヨナと放蕩息子──ヨナのごとき経験──ヨナの祈禱──祈禱の聴かれるという確信──神の目の前より逐われて──神の聖殿を望む──ヨナの絶望的状態──彼は神を憶えていた──罪のための犠牲──信仰の告白──祈禱により途が開かる
 第 三 章 
第二の召命──神の試験──神の与えたもうたメッセージ──即ちヨナ往けり──ニネベにおけるヨナ──徴なるヨナ──来るべき滅亡の説教──信仰と麻布──悪しき途より離る
 第 四 章 
ニネベの救い──心の誤れる説教者──ヨナの信条──神の質問──ヨナ説教を癈む──神の業を見よ──神の慰め──彼の浅はかな感情──虫と風──ニネベを我惜しまざらんや──幼児と家畜──ヨナ黙す

| 目次 |