第六篇  題目 我を憐み給へ (二)
         我が魂を救ひ給へ (四)



八音やつのねある琴にあはせて伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. ヱホバよねがはくは忿恚いきどほりをもてわれをせめはげしきいかりをもてわれをこらしめたまふなかれ
  2. ヱホバよわれを憐みたまへ われしぼみおとろふるなり ヱホバよわれをいやしたまへ わが骨わなゝきふるふ
  3. わが靈魂たましひさへもいたくふるひわなゝく ヱホバよかくて幾何時いくそのときをへたまふや
  4. ヱホバよ歸りたまへ わがたましひを救ひたまへ なんぢの仁慈いつくしみゆゑをもてわれをたすけたまへ
  5. そは死にありてはなんぢをおもひいづることなし 陰府よみにありてはたれかなんぢに感謝せん
  6. われ歎息なげきにてつかれたり 我よなよなとこをたゞよはせ淚をもてわがふすまをひたせり
  7. わが目うれへによりておとろへ もろもろのあたゆゑにおい
  8. なんぢら邪曲よこしまをおこなふ者ことごとくわれをはなれよ ヱホバはわがなくこゑをきゝたまひたり
  9. ヱホバわが懇求ねがひをきゝたまへり ヱホバわがいのりをうけたまはん
  10. わがもろもろのあたははぢておほいにおぢまどひ あわたゞしくはぢてしりぞきぬ

 本篇は議論的の口吻を以て(三節終參照)神に訴へ、其憐憫(あはれみ)によれる救を祈り求むる祈禱也。我等も祈禱の時度々神と論ずるが如くあるべし。神は斯る祈禱を嘉し給ふ。神は我等に論ふことを許し給ふ(イザヤ一・十八参考)。
▲何故祈るや、
 一、弱きを感ずる故に(二)──『われ萎みおとろふるなり』
 二、恐を懷く故に(三)──『わが靈魂さへも甚くふるいわなゝく』
 三、神は仁慈深き故に(四)──『なんぢの仁慈の故をもて‥‥‥』
 四、淚の爲に(六)──『我よなよな床をたゞよはせ淚をもてわが衾をひたせり』
 我等は祈りたれば次には信仰を以て起(たち)上るべし。本篇八、九節は信仰を以て起上り、大膽に其を発表する所也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |