第七篇



  1. ベニヤミンの人クシの言につきてダビデ、ヱホバに對ひてうたへるシガヨンの歌
    わが神ヱホバよわれ汝によりたのむ 願くはすべての逐(おひ)せまるものより我をすくひ我をたすけたまへ
  2. おそらくはかれ獅の如くわが靈魂(たましひ)をかきやぶり援(たすく)るものなき間にさきてずたずたに爲ん
  3. わが神ヱホバよ もしわれ此事をなしゝならんには わが手によこしまの纏りをらんには
  4. 故なく仇するものをさへ助けしに禍害(わざはひ)をもてわが友にむくひしならんには
  5. よし仇人わがたましひを逐とらへ わが生命(いのち)をつちにふみにじり わが榮えを塵におくとも その作(なす)にまかせよ セラ
  6. ヱホバよなんぢの怒をもて起(おき)わが仇のいきどほりにむかひて立たまへ わがために目をさましたまへ なんぢは審判(さばき)をおほせ出したまへり
  7. もろもろの國人の會(つどひ)をなんぢのまはりに集はしめ 其上なる高座(たかみくら)にかへりたまへ
  8. ヱホバはもろもろの民にさばきを行ひたまふ ヱホバよわが正義(たゞしき)とわが衷なる完全(またき)とにしたがひて我をさばきたまへ
  9. ねがはくは惡(あし)きものの曲事(ひがわざ)をたちて義しきものを堅くしたまへ たゞしき神は人のこゝろと腎(むらと)ををさぐり知たまふ
  10. わが盾をとるものは心のなほきものをすくふ神なり
  11. 神はたゞしき審士(さばきびと)ひごとに忿恚(いきどほり)をおこしたまふ神なり
  12. 人もしかへらずば神はその劍をとぎ その弓をはりてかまへ
  13. これに死の器をそなへ その矢に火をそなへたまはん
  14. 視よその人はよこしまを產(うま)んとしてくるしむ 殘害(そこなひ)をはらみ虛僞(いつはり)をうむなり
  15. また坑をほりてふかくし己がつくれるその溝におちいれり
  16. その殘害はおのが首(かうべ)にかへり その强暴(あらび)はおのが頭上(いたゞき)にくだらん
  17. われその義によりてヱホバに感謝し いとたかきヱホバの名(みな)をほめうたはん

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |