第廿一篇  題目 救はれし者の喜び



伶長うたのかみにうたはしめたるダビデのうた

  1. ヱホバよ王はなんぢの力によりてたのしみなんぢのすくひによりて奈何いかにおほいなる歡喜よろこびをなさん
  2. なんぢ彼がこゝろの願望ねがひをゆるし そのくちびるのもとめをいなみ給はざりき セラ
  3. そはよきたまもののめぐみをもてかれを迎へ まじりなきこがねの冕弁かんむりをもてかれのかうべにいたゞかせ給ひたり
  4. かれ生命いのちをもとめしになんぢこれをあたへてそのよはひの日を世々かぎりかならしめ給へり
  5. なんぢのすくひによりてその榮光おほいなり なんぢは尊貴たふとき稜威みいづとをかれにせたまふ
  6. そはこれをとこしへにさいはひなるものとなし聖顏みかほのまへの歡喜よろこびをもて樂しませたまへばなり
  7. 王はヱホバに依賴よりたのみ いとたかき者のいつくしみをかうむるがゆゑに動かさるゝことなからん
  8. なんぢのはそのもろもろのあたをたづねいだしなんぢのみぎのはおのれを憎むものをたづねいだすべし
  9. なんぢいかるときは彼等をもゆるのごとくにせん ヱホバはげしきいかりによりてかれらをのみたまはん 火はかれらをくらひつくさん
  10. なんぢかれらのすゑを地よりほろぼし かれらのたねを人の子のなかよりほろぼさん
  11. かれらはなんぢにむかひて惡事あしきことをくはだてとげがたき謀略はかりごとをおもひまはせばなり
  12. なんぢかれらをしてそびらをむけしめ そのかほにむかひて弓絃ゆづるをひかん
  13. ヱホバよ能力みちからをあらはしてみづからを高くしたまへ 我儕われらはなんぢの稜威みいづをうたひかつほめたゝへん

 神の『力』によりて『すくひ』を得たる者に『おほいなる歡喜』あり(一節)。何故大いなる歡喜ありや、其を分析すれば
一、滿足ある故(二始)──『なんぢ彼がこゝろの願望をゆるし』
二、祈禱答へられし故(二終)──『そのくちびるの求をいなみ給はざりき』
三、祝福せられしが故(三始)──『そはよきたまものの惠をもてかれを迎へ』
四、冕弁(即ち能力と勢ひ)を授けられし故(三終)──『まじりなきこがねの冕弁をもてかれの首にいたゞかせ給ひたり』(レビ記十・七に記さるる『灌膏(そゝぎあぶら)』こそ我等に與へらるゝ此冕弁なり。)
五、永生(かぎりなきいのち)を與へられしが故(四)──『かれ生命をもとめしに汝これをあたへてその齡の日を世々かぎりなからしめ給へり』
六、榮光を與へられし故(五)──『なんぢの救によりてその榮光おほいなり なんぢは尊貴と稜威とをかれに衣せたまふ』(かの放蕩息子が歸りし時其父彼に『最上の衣』ルカ十五・廿二)を衣せたるが如し。)
七、神と面と面を合わせての交通(まじはり)ある故(六)──『聖顏のまへに歡喜をもて樂しませたまへばなり』
八、動かさるゝ事なき故(七)──『王はヱホバに依賴み いとたかき者のいつくしみを蒙るがゆゑに動かさるゝことなからん』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |