第三十八篇  題目 罪の記念



記念のためにつくれるダビデのうた

  1. ヱホバよねがはくは忿恚いきどほりをもてわれをせめ はげしきいかりをもてわれをこらしめ給ふなかれ
  2. なんぢの矢われにあたり なんぢのみてわがうへをおさへたり
  3. なんぢのいかりによりてわが肉はまたきところなく わが罪によりてわが骨にすこやかなるところなし
  4. わが不義はかうべをすぎてたかく重荷のごとくおひがたければなり
  5. われおろかなるによりてわが傷あしきにほひをはなちて腐れたゞれたり
  6. われ折屈おれかゞみていたくなげきうなたれたり われ終日ひねもすかなしみありく
  7. わが腰はことごとくやくるがごとく肉にまたきところなければなり
  8. われおとろへはていたくきずつけられ わが心のやすからざるによりて欷歔うめきさけべり
  9. あゝしゅよわがすべての願望ねがひはなんぢのみまへにあり わが嘆息なげきはなんぢに隱るゝことなし
  10. わが胸をどりわが力おとろへ わがのひかりもまたわれをはなれたり
  11. わが友わがしたしめるものはわがきずをみてはるかにたち わがとなりもまたとほざかりてたてり
  12. わが生命いのちをたづぬるものはわなをまうけわれをそこなはんとするものは惡言あしきことをいひ また終日ひねもすたばかりをはか
  13. しかはあれどわれは聾者みゝしひのごとくきかず われは口をひらかぬ啞者おふしのごとし
  14. 如此かくわれはきかざる人のごとく口にことあげせぬ人のごときなり
  15. ヱホバよわれなんぢを俟望まちのぞめり しゅわが神よなんぢかならず答へたまふべければなり
  16. われさきにいふ おそらくはかれらわが事によりて喜び わが足のすべらんときわれにむかひてほこりかにたかぶらんと
  17. われたふるゝばかりになりぬ わが悲哀かなしみはたえずわが前にあり
  18. そはわれみづから不義をいひあらはし わが罪のためにかなしめばなり
  19. わがあたはいきはたらきてたけく ゆゑなくしてわれをうらむるものおほし
  20. 惡をもて善にむくゆるものはわれ善事よきことにしたがふがゆゑにわがあたとなれり
  21. ヱホバよねがはくはわれをはなれたまふなかれ わが神よわれにとほざかりたまふなかれ
  22. しゅわがすくひよとくきたりてわれをたすけたまへ

 本篇は『記念のためにつくれる』歌にて即ち罪を記念する爲也。我等は聖靈の光の下に此詩を讀み又其に就て祈らざる可らず。罪を記念し之を覚ゆる爲に此詩を讀むべき也是によりて益々恩惠に感じ、又恩惠に進む事を得べし。
 『わが罪』(三)        『わが不義』(四)
 『わが愚か』(五英譯)     『わが不義』(十八英譯)
 『わが罪』(十八)
▲罪は
一、病の如し(三)──『わが罪によりてわが骨には健かなるところなし』
二、溺らす大水の如し(四始)──『わが不義は首をすぎてたかく』
三、大いなる重荷の如し(四終)──『重荷のごとく負がたければなり』
四、癩病の如し(五〜七)──『われ愚なる(罪の事)によりてわが傷あしき臭をはなちて腐れたゞれたり‥‥‥わが腰はことごとく焼るがごとく肉に全きところなければなり』
五、敵の如し(十二)──『わが生命をたづぬるものは羂をまうけ我をそこなはんとするものは惡事をいひ また終日たばかりを謀る』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |