第三十八篇  題目 罪の記念



  1. 記念のためにつくれるダビデのうた
    ヱホバよねがはくは忿恚(いきどほり)をもて我をせめ はげしき怒をもて我をこらしめ給ふなかれ
  2. なんぢの矢われにあたり なんぢの手(みて)わがうへを圧(おさ)へたり
  3. なんぢの怒によりてわが肉は全きところなく わが罪によりてわが骨に健かなるところなし
  4. わが不義は首をすぎてたかく重荷のごとく負がたければなり
  5. われ愚なるによりてわが傷あしき臭をはなちて腐れたゞれたり
  6. われ折屈(おれかが)みていたくなげきうなたれたり われ終日(ひねもす)かなしみありく
  7. わが腰はことごとく焼るがごとく肉に全きところなければなり
  8. 我おとろへはて甚(いた)くきずつけられ わが心のやすからざるによりて欷歔(うめき)さけべり
  9. あゝ主よわがすべての願望(ねがひ)はなんぢの前(みまへ)にあり わが嘆息(なげき)はなんぢに隱るゝことなし
  10. わが胸をどりわが力おとろへ わが眼のひかりも亦われをはなれたり
  11. わが友わが親めるものはわが痍(きず)をみて遙にたち わが隣もまた遠(とほざ)かりてたてり
  12. わが生命をたづぬるものは羂(わな)をまうけ我をそこなはんとするものは惡言(あしきこと)をいひ また終日たばかりを謀る
  13. 然はあれどわれは聾者(みゝしひ)のごとくきかず われは口をひらかぬ啞者(おふし)のごとし
  14. 如此(かく)われはきかざる人のごとく口にことあげせぬ人のごときなり
  15. ヱホバよ我なんぢを俟望めり 主わが神よなんぢかならず答へたまふべければなり
  16. われ曩(さき)にいふ おそらくはかれらわが事によりて喜び わが足のすべらんとき我にむかひて誇りかにたかぶらんと
  17. われ仆(たふ)るゝばかりになりぬ わが悲哀(かなしみ)はたえずわが前にあり
  18. そは我みづから不義をいひあらはし わが罪のためにかなしめばなり
  19. わが仇はいきはたらきてたけく 故なくして我をうらむるものおほし
  20. 惡をもて善にむくゆるものはわれ善事(よきこと)にしたがふが故にわが仇となれり
  21. ヱホバよねがはくは我をはなれたまふなかれ わが神よわれに遠かりたまふなかれ
  22. 主わがすくひよ速(とく)きたりて我をたすけたまへ

 本篇は『記念のためにつくれる』歌にて即ち罪を記念する爲也。我等は聖靈の光の下に此詩を讀み又其に就て祈らざる可らず。罪を記念し之を覚ゆる爲に此詩を讀むべき也是によりて益々恩惠に感じ、又恩惠に進む事を得べし。
 『わが罪』(三)        『わが不義』(四)
 『わが愚か』(五英譯)     『わが不義』(十八英譯)
 『わが罪』(十八)
▲罪は
一、病の如し(三)──『わが罪によりてわが骨には健かなるところなし』
二、溺らす大水の如し(四始)──『わが不義は首をすぎてたかく』
三、大いなる重荷の如し(四終)──『重荷のごとく負がたければなり』
四、癩病の如し(五〜七)──『われ愚なる(罪の事)によりてわが傷あしき臭をはなちて腐れたゞれたり‥‥‥わが腰はことごとく焼るがごとく肉に全きところなければなり』
五、敵の如し(十二)──『わが生命をたづぬるものは羂をまうけ我をそこなはんとするものは惡事をいひ また終日たばかりを謀る』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |