第四十四篇  題目 主よさめ給へ (廿三)



伶長うたのかみにうたはしめたるコラの子のをしへの歌

  1. あゝ神よむかしわれらの列祖おやたちの日になんぢがなしたまひし事迹みわざをわれら耳にきけり 列祖おやたちわれらに語れり
  2. なんぢみてをもてもろもろの國人くにびとをおひしりぞけ われらの列祖おやたちをうゑまたもろもろのたみをなやましてわれらの列祖おやたちをはびこらせたまひき
  3. かれらはおのがつるぎによりて國をえしにあらず おのがかひなによりてかちをえしにあらず たゞなんぢの右の手なんぢのかひななんぢのみかほのひかりによれり なんぢかれらを惠みたまひたればなり
  4. 神よなんぢはわが王なり ねがはくはヤコブのためにすくひをほどこしたまへ
  5. われらはなんぢによりて敵をたふし また我儕われらにさからひておこりたつものをなんぢのみなによりて踐壓ふみおさふべし
  6. そはわれわが弓によりたのまず わがつるぎもまたわれをすくふことあたはざればなり
  7. なんぢわれらを敵よりすくひ またわれらをにくむものをはづかしめたまへり
  8. われらはひねもす神によりてほこり われらは永遠とこしへになんぢのみなに感謝せん セラ

  9. しかるに今はわれらをすてゝ恥をおはせたまへり われら軍人いくさびととともにいでゆきたまはず
  10. われらを敵のまへより退しりぞかしめたまへり われらをにくむものその任意こゝろまゝにわれらをかすめうばへり
  11. なんぢわれらをしょくにそなへらるゝ羊のごとくにあたへかくてわれらをもろもろの國人くにびとのなかにちらし
  12. るところなくしてなんぢの民をうり そのあたひによりてなんぢのとみをましたまはざりき
  13. なんぢわれらを隣人となりにそしらしめ われらをめぐるものにあなどらしめ あざけらしめたまへり
  14. 又もろもろの國のなかにわれらを談柄ことくさとなし もろもろの民のなかにわれらをかしらふらるゝ者となしたまへり
  15. わが陵辱はづかしめひねもすがまへにあり わがかほの恥われをおほへり
  16. こはわれをそしりわれをのゝしるものの聲によりわれにあだしわれにうらみをむくゆるもののゆゑによるなり
  17. これらのこと皆われらにのぞみきつれどわれらなほなんぢをわすれず なんぢの契約をいつはりまもらざりき
  18. われらの心しりぞかず われらの步履あゆみなんぢの道をはなれず
  19. されどなんぢは野犬のいぬのすみかにてわれらをきずつけ死蔭しのかげをもてわれらをおほひ給へり
  20. われらもしおのれの神のみなをわすれあるひはわれらの手を異神あだしかみにのべしことあらんには
  21. 神はこれをたゞしたまはざらんや 神はこゝろの隱れたることをもしりたまふ
  22. われら終日ひねもすなんぢのために死にわたされほふられんとする羊の如くせられたり
  23. しゅよさめたまへ いかなればねぶりたまふや おきたまへ われらをとこしへにすてたまふなかれ
  24. いかなれば聖顏みかほをかくしてわれらがうくる苦難なやみ虐待しへたげとをわすれたまふや
  25. われらのたましひはかゞみてちりにふし われらの腹は土につきたり
  26. ねがはくはおきてわれらをたすけたまへ なんぢの仁慈いつくしみのゆゑをもてわれらをあがなひたまへ

 廿三節に『主よさめたまへ』とあり、廿六節に『ねがはくは起て‥‥‥』とあり、實に大膽なる祈禱(いのり)なり。即ち此はリバイバルの叫なり。聖靈に强められて始めて我等は斯る大膽なる祈禱をなす事を得べし。
▲本篇の分解
 (一〜三)過去に於る神の力(奇蹟)を覚ゆる事(是によりて信仰起る)
 (四〜八)未來の爲に神を信ず
 (九〜十六)現在の眞の有樣
 (十七〜廿二)忠實に神に從ふ決心
 (廿三〜廿六)大膽なる祈禱
 リバイバルを叫求むる者は此順序に注意すべし。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |