第四十七篇



  1. 伶長にうたはしめたるコラの子のうた
    もろもろのたみよ手をうち歡喜(よろこび)のこゑをあげ神にむかひてさけべ
  2. いとたかきヱホバはおそるべく また地をあまねく治(しろ)しめす大(おほい)なる王にてましませばなり
  3. ヱホバはもろもろの民をわれらに服(まつろ)はせ もろもろを國をわれらの足下(あしのもと)にまつろはせたまふ
  4. 又そのいつくしみたまふヤコブが譽とする嗣業(ゆづり)をわれらのために選びたまはん セラ
  5. 神はよろこびさけぶ聲とともにのぼり ヱホバはラッパの聲とともにのぼりたまへり
  6. ほめうたへ 神をほめうたへ 頌歌へわれらの王をほめうたへ
  7. かみは地にあまねく王たればなり 敎訓(をしへ)うたをうたひてほめよ
  8. 神はもろもろの國をすべをさめたまふ 神はそのきよき寳座(みくら)にすわりたまふ
  9. もろもろのたみの諸侯(きみたち)はつどひきたりてアブラハムの神の民となれり 地のもろもろの盾は神のものなり 神はいとたふとし

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |