第五十篇



アサフのうた

  1. ぜんのうの神ヱホバ詔命みことのりして 日のいづるところより日のいるところまであまねく地をよびたまへり
  2. かみは美麗うるはしききはみなるシオンより光をはなちたまへり
  3. われらの神はきたりてもだしたまはじ 火その前にものをやきつくし暴風はやちその四周まはりにふきあれん
  4. 神はそのたみをさばかんとてうへなる天および地をよびたまへり
  5. いはく祭物そなへものをもてわれとけいやくをたてしわが聖徒せいとをわがもとに集めよと
  6. もろもろの天は神の義をあらはせり 神はみづから審士さばきびとたればなり セラ
  7. わがたみよきけ われものいはん イスラエルよきけ われなんぢにむかひてあかしをなさん われは神なんぢの神なり
  8. わがなんぢせむるは祭物そなへもののゆゑにあらず なんぢの燔祭はんさいはつねにわが前にあり
  9. われはなんぢの家より牡牛をうしをとらず なんぢのをりより牡山羊をやぎをとらず
  10. 林のもろもろのけもの山のうへの千々ちゞ牲畜けだものはみなわがものなり
  11. われは山のすべての鳥をしる 野のたけきけものはみなわがものなり
  12. 世界とそのなかにみつるものとはわがものなればたとひわれうゝるともなんぢにつげ
  13. われいかで牡牛をうしの肉をくらひ牡山羊をやぎの血をのまんや
  14. 感謝のそなへものを神にさゝげよ なんぢのちかひを至上者いとたかきものにつくのへ
  15. なやみの日にわれをよべ われなんぢをたすけん しかしてなんぢわれをあがむべし

  16. しかはあれど神あしきものに言給いひたまはく なんぢはをしへをにくみ わがことばをそのうしろにすつるものなるに
  17. なにのかゝはりありてわが律法おきてをのべ わがけいやくを口にとりしや
  18. なんぢ盜人ぬすびとをみればこれをよしとし姦淫たはれをおこなふものの伴侶かたうどとなれり
  19. なんぢその口を惡にわたす なんぢの舌は詭計たばかりをくみなせり
  20. なんぢすわりて兄弟はらからをそしりおのがはゝの子をしひのゝしれり
  21. なんぢこれらの事をなしゝをわれもだしぬれば なんぢわれをおのれにさもにたるものとおもへり されどわれなんぢをいましめてその罪をなんぢの目前まのあたりにつらぬべし
  22. 神をわするゝものよ今このことをおもへ おそらくはわれなんぢをかきさかんときたすくるものあらじ
  23. 感謝のそなへものをさゝぐるものはわれをあがむ おのれの行爲おこなひをつゝしむ者にはわれ神のすくひをあらはさん

 神は現在に於る審判(さばき)に人々を呼び給ふ。
 (一〜六)神は人々を呼び給ふ
 (七〜十五)御自分の民に語り給ふ
 (十六〜廿二)惡(あし)き者に語り給ふ
 本篇に記さるゝ處は惡人に對する現在の審判なり。黙示録二、三章を參照して見よ。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |