第五十五篇



ダビデうたのかみに琴にてうたはしめたる敎訓をしへのうた

  1. 神よねがはくは耳をわがいのりにかたぶけたまへ わが懇求ねがひをさけて身をかくしたまふなかれ
  2. われに聖意みこゝろをとめ われにこたへたまへ われ歎息なげきによりてやすからずかなしみうめくなり
  3. これあたのこゑとあしきものの暴虐しへたげとのゆゑなり そはかれら不義をわれにおはせ いきどほりてわれにおひせまるなり
  4. わが心わがうちにうれひいたみ死のもろもろの恐懼おそれわがうへにおちたり
  5. おそれと戰慄をのゝきとわれにのぞみはなはだしき恐懼おそれわれをおほへり
  6. われいふねがはくは鴿はとのごとく羽翼つばさのあらんことを さらばわれとびさりて平安やすきをえん
  7. みよわれはるかにのがれさりてにすまん セラ
  8. われすみやかにのがれて暴風はやち狂風つむじとをはなれん
  9. われみやこのうちに强暴あらびとあらそひとをみたり しゅよねがはくは彼等をほろぼしたまへ かれらの舌をわかれしめたまへ
  10. 彼等はひるもよるも石垣のうへをあるきてまちをめぐる まちのうちには邪曲よこしまとあしき企圖くはだてとあり
  11. またあしきことまちのうちにあり しへたげと欺詐あざむきとはその街衢ちまたをはなるゝことなし
  12. われをそしれるものはあたたりしものにあらず もししかりしならばなほしのばれしなるべし われにむかひておのれをたかくせし者はわれを恨みたりしものにあらず もししかりしならば身をかくして彼をさけしなるべし
  13. されどこれなんぢなり われとおなじきもの わが友われと親しきものなり
  14. われらたがひにしたしきかたらひをなし また會衆つどひのなかにありてともに神の家にのぼりたりき
  15. 死は忽然ゆくりなくかれらにのぞみ そのいけるまゝにて陰府よみにくだらんことを そは惡事あしきことその住處すみかにありそのなかにあればなり
  16. されどわれはたゞ神をよばんヱホバわれを救ひたまふべし
  17. ゆふべにあしたに晝にわれなげきかつかなしみうめかん ヱホバわが聲をきゝたまふべし
  18. ヱホバはわれをせむる戰鬪たゝかひよりわが靈魂たましひをあがなひいだして平安やすきをえしめたまへり そはわれをせむるもの多かりければなり
  19. 太古むかしよりいます者なる神はわが聲をきゝてかれらをなやめたまふべし セラ かれらにはかはることなく神をおそるゝことなし
  20. かの人はおのれとむつみをりしものに手をのべてその契約をけがしたり
  21. その口はなめらかにして乳酥ちゝのあぶらのごとくなれどもその心はたゝかひなり そのことばはあぶらにまさりてやはらかなれどもぬきたるつるぎにことならず
  22. なんぢのをヱホバにゆだねよ さらばなんぢをさゝへたまはん たゞしき人のうごかさるゝことを常にゆるしたまふまじ
  23. かくて神よなんぢはかれらをほろびあなにおとしいれたまはん 血をながすものと詭計たばかりおほきものとはいきておのが日のなかばにもいたらざるべし しかはあれどわれはなんぢによりたのまん

 九節より十一節迄に惡き都の中に何がありやを示す。
一、强暴(九)──『われ都のうちに强暴と』
二、あらそひ(九)──『あらそひとをみたり』
三、邪曲(十)──『邑のうちには邪曲と』
四、惡き企圖(十)──『あしき企圖とあり』
五、惡き事(十一)──『また惡きこと邑のうちにあり』
六、暴虐(十一)──『しへたげと』
七、欺詐(十一)──『欺詐とはその街衢をはなるゝことなし』
 本篇を四十八篇と比較せよ。惡き都は罪人の団體、神の都は救はれし者の団體を指す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |