第五十五篇



  1. ダビデうたのかみに琴にてうたはしめたる敎訓(をしへ)のうた
    神よねがはくは耳をわが祈にかたぶけたまへ わが懇求(ねがひ)をさけて身をかくしたまふなかれ
  2. われに聖意(みこゝろ)をとめ 我にこたへたまへ われ歎息(なげき)によりてやすからず悲みうめくなり
  3. これ仇のこゑと惡きものの暴虐(しへたげ)とのゆゑなり そはかれら不義をわれに負せ いきどほりて我におひせまるなり
  4. わが心わがうちに憂ひいたみ死のもろもろの恐懼(おそれ)わがうへにおちたり
  5. おそれと戰慄(をのゝき)とわれにのぞみ甚だしき恐懼われをおほへり
  6. われ云(いふ)ねがはくは鴿のごとく羽翼(つばさ)のあらんことを さらば我とびさりて平安(やすき)をえん
  7. みよ我はるかにのがれさりて野にすまん セラ
  8. われ速かにのがれて暴風(はやち)と狂風(つむじ)とをはなれん
  9. われ都のうちに强暴(あらび)とあらそひとをみたり 主よねがはくは彼等をほろぼしたまへ かれらの舌をわかれしめたまへ
  10. 彼等はひるもよるも石垣のうへをあるきて邑(まち)をめぐる 邑のうちには邪曲(よこしま)とあしき企圖(くはだて)とあり
  11. また惡きこと邑のうちにあり しへたげと欺詐(あざむき)とはその街衢(ちまた)をはなるゝことなし
  12. われを謗れるものは仇たりしものにあらず もし然りしならば尚しのばれしなるべし 我にむかひて己をたかくせし者はわれを恨みたりしものにあらず 若(もし)しかりしならば身をかくして彼をさけしなるべし
  13. されどこれ汝なり われとおなじきもの わが友われと親しきものなり
  14. われら互にしたしき語らひをなし また會衆(つどひ)のなかに在てともに神の家にのぼりたりき
  15. 死は忽然(ゆくりなく)かれらにのぞみ その生(いけ)るまゝにて陰府にくだらんことを そは惡事(あしきこと)その住處にありその中にあればなり
  16. されど我はたゞ神をよばんヱホバわれを救ひたまふべし
  17. 夕(ゆふべ)にあしたに昼にわれなげき且かなしみうめかん ヱホバわが聲をきゝたまふべし
  18. ヱホバは我をせむる戰鬪(たゝかひ)よりわが靈魂(たましひ)をあがなひいだして平安をえしめたまへり そはわれを攻(せむ)るもの多かりければなり
  19. 太古(むかし)よりいます者なる神はわが聲をきゝてかれらを惱めたまふべし セラ かれらには變ることなく神をおそるゝことなし
  20. かの人はおのれと睦みをりしものに手をのべてその契約をけがしたり
  21. その口はなめらかにして乳酥(ちゝのあぶら)のごとくなれどもその心はたゝかひなり その言はあぶらに勝りてやはらかなれどもぬきたる劍にことならず
  22. なんぢの荷をヱホバにゆだねよ さらば汝をさゝへたまはん たゞしき人のうごかさるゝことを常にゆるしたまふまじ
  23. かくて神よなんぢはかれらを亡の坑におとしいれたまはん 血をながすものと詭計(たばかり)おほきものとは生ておのが日の半(なかば)にもいたらざるべし 然はあれどわれは汝によりたのまん

 九節より十一節迄に惡き都の中に何がありやを示す。
一、强暴(九)──『われ都のうちに强暴と』
二、あらそひ(九)──『あらそひとをみたり』
三、邪曲(十)──『邑のうちには邪曲と』
四、惡き企圖(十)──『あしき企圖とあり』
五、惡き事(十一)──『また惡きこと邑のうちにあり』
六、暴虐(十一)──『しへたげと』
七、欺詐(十一)──『欺詐とはその街衢をはなるゝことなし』
 本篇を四十八篇と比較せよ。惡き都は罪人の団體、神の都は救はれし者の団體を指す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |