第五十六篇



  1. ダビデがガテにてペリシテ人にとらへられしとき詠て「遠きところにをる音をたてぬ鴿』のしらべにあはせて伶長にうたはしめたるミクタムの歌
    あゝ神よ ねがはくは我をあはれみたまへ 人いきまきて我をのまんとし終日(ひねもす)たゝかひて我をしへたぐ
  2. わが仇ひねもす急喘(いきまき)てわれをのまんとす 誇りたかぶりて我とたゝかふものおほし
  3. われおそるゝときは汝によりたのまん
  4. われ神によりてその聖言をほめまつらん われ神に依賴みたればおそるゝことあらじ 肉體われになにをなし得んや
  5. かれらは終日わがことばを曲るなり その思念(おもひ)はことごとくわれにわざはひをなす
  6. かれらは群つどひて身をひそめ わが步に目をとめてわが靈魂(たましひ)をうかゞひもとむ
  7. かれらは不義をもてのがれんとおもへり 神よねがはくは憤ほりてもろもろの民をたふしたまへ
  8. 汝わがあまたゝびの流離(さすらへ)をかぞへたまへり なんぢの革嚢(かはぶくろ)にわが淚をたくはへたまへ こは皆なんぢの冊(ふみ)にしるしあるにあらずや
  9. わがよびもとむる日にはわが仇しりぞかん われ神のわれを守りたまふことを知る
  10. われ神によりてその聖言をほめまつらん 我ヱホバによりてそのみことばを讃まつらん
  11. われ神によりたのみたれば懼るゝことあらじ 人はわれに何をなしえんや
  12. 神よわがなんぢにたてし誓はわれをまとへり われ感謝のさゝげものをなんぢにさゝげん
  13. 汝わがたましひを死よりすくひたまへばなり なんぢ我をたふさじとわが足をまもり生命の光のうちにて神のまへに我をあゆませ給ひしにあらずや

▲本篇の分解
 (一〜七)人の行(おこなひ)
 (八〜十三)神の行
▲十三節に三重の救あり。
一、死(即ち滅亡(ほろび))より救はる──『汝わがたましひを死よりすくひ』=更生(うまれかはり)の經驗
二、罪の力より救はる──『なんぢ我をたふさじとわが足をまもり』=聖潔(きよめ)の經驗
三、神の光の中を步ましむ──『生命の光のうちにて神のまへに我をあゆませ』=聖靈に滿されし生涯



| 目次 | 緖言 | 總目次 |