第五十六篇



ダビデがガテにてペリシテびとにとらへられしときよみ
「遠きところにをるをたてぬ鴿はと」のしらべにあはせて伶長うたのかみにうたはしめたる
ミクタムの歌

  1. あゝ神よ ねがはくはわれをあはれみたまへ 人いきまきてわれをのまんとし終日ひねもすたゝかひてわれをしへたぐ
  2. わがあたひねもす急喘いきまきてわれをのまんとす 誇りたかぶりてわれとたゝかふものおほし
  3. われおそるゝときはなんぢによりたのまん
  4. われ神によりてその聖言みことばをほめまつらん われ神に依賴よりたのみたればおそるゝことあらじ 肉體われになにをなし得んや
  5. かれらは終日ひねもすわがことばをまぐるなり その思念おもひはことごとくわれにわざはひをなす
  6. かれらはむれつどひて身をひそめ わがあゆみに目をとめてわが靈魂たましひをうかゞひもとむ
  7. かれらは不義をもてのがれんとおもへり 神よねがはくはいきどほりてもろもろのたみをたふしたまへ
  8. なんぢわがあまたゝびの流離さすらへをかぞへたまへり なんぢの革嚢かはぶくろにわが淚をたくはへたまへ こは皆なんぢのふみにしるしあるにあらずや
  9. わがよびもとむる日にはわがあたしりぞかん われ神のわれを守りたまふことを知る
  10. われ神によりてその聖言みことばをほめまつらん われヱホバによりてそのみことばをほめまつらん
  11. われ神によりたのみたればおそるゝことあらじ 人はわれに何をなしえんや
  12. 神よわがなんぢにたてしちかひはわれをまとへり われ感謝のさゝげものをなんぢにさゝげん
  13. なんぢわがたましひを死よりすくひたまへばなり なんぢわれをたふさじとわが足をまもり生命いのちの光のうちにて神のまへにわれをあゆませ給ひしにあらずや

▲本篇の分解
 (一〜七)人の行(おこなひ)
 (八〜十三)神の行
▲十三節に三重の救あり。
一、死(即ち滅亡(ほろび))より救はる──『汝わがたましひを死よりすくひ』=更生(うまれかはり)の經驗
二、罪の力より救はる──『なんぢ我をたふさじとわが足をまもり』=聖潔(きよめ)の經驗
三、神の光の中を步ましむ──『生命の光のうちにて神のまへに我をあゆませ』=聖靈に滿されし生涯



| 目次 | 緖言 | 總目次 |