第五十八篇



  1. ダビデがよみて「ほろぼすなかれ」といふ調にあはせて伶長にうたはしめたるミクタムのうた
    なんぢら默(もだ)しゐて義をのべうるか 人の子よなんぢらなほき審判(さばき)をおこなふや
  2. 否なんぢらは心のうちに惡事(あしきこと)をおこなひ その手の强暴(あらび)をこの地にはかりいだすなり
  3. あしきものは胎をはなるゝより背きとほざかり生れいづるより迷ひていつはりをいふ
  4. かれらの毒は蛇のどくのごとし
  5. かれらは蠱術(まじわざ)をおこなふものの甚(いと)たくみにまじなふその聲をだにきかざる耳ふさぐ聾(みゝし)ひの蝮のごとし
  6. 神よかれらの口の齒ををりたまへ ヱホバよ壯獅(わかきしゝ)の牙をぬきくだきたまへ
  7. 願くはかれらを流れゆく水のごとくに消失(きえうせ)しめ その矢をはなつときは折(をら)れたるごとくなし給はんことを
  8. また融(とけ)てきえゆく蝸牛(かたつぶり)のごとく婦のときならず產たる日をみぬ嬰(こ)のごとくならしめ給へ
  9. なんぢらの釜いまだ荊蕀(いばら)の火をうけざるさきに靑(あをき)をも燃たるをもともに狂風(つむじ)にて吹さりたまはん
  10. 義者(たゞしきもの)はかれらが讎(あた)かへさるゝを見てよろこび その足をあしきものの血のなかにてあらはん
  11. かくて人はいふべし 實(げ)にたゞしきものに報賞(むくひ)あり 實にさばきをほどこしたまふ神はましますなりと

(註解なし)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |