第七十四篇  題目 罪の結果を見て祈る禱告



アサフの敎訓をしへのうた

  1. 神よいかなればなんぢわれらをかぎりなくすてたまひしや 奈何いかなればなんぢの草苑まきの羊にみいかりのけぶりあがれるや
  2. ねがはくは往古むかしなんぢが買求かひもとめたまへる公會こうくゎい ゆづりの支派やからとなさんとてあがなひたまへるものを思ひいでたまへ 又なんぢがすみたまふシオンの山をおもひいで給へ
  3. とこしへの滅亡ほろびの跡にみあしをむけたまへ あた聖所せいじょにてもろもろのあしきわざをおこなへり
  4. なんぢの敵はなんぢのつどひのなかにほえたけびおのが旗をたててしるしとせり
  5. かれらは林のしげみにてをのをあぐる人のさまにみゆ
  6. いまてをのつちとをもて聖所せいじょのなかなる彫刻ゑりきざめるものをことごとくこぼちおとせり
  7. かれらはなんぢの聖所せいじょに火をかけみな居所すみかをけがして地におとしたり
  8. かれら心のうちにいふ われらことごとくこれをこぼちあらさんと かくて國内くにのうちなる神のもろもろの會堂をやきつくせり
  9. われらのしるしはみえず預言者も今はなし かくていくその時をかふべき われらのうちに知るものなし
  10. 神よ敵はいくその時をふるまでそしるや あたはなんぢのみなをとこしへにけがすならんか
  11. いかなればなんぢそのみてみぎのみてをひきたまふや ねがはくはみてをふところよりいだしてかれらをほろぼしたまへ

  12. 神はいにしへよりわが王なり すくひを世のなかにおこなひたまへり
  13. なんぢその力をもて海をわかち水のなかなるたつかうべをくだき
  14. わにのかうべをうちくだきにすめるたみにあたへてしょくとなしたまへり
  15. なんぢは泉と水流ながれとをひらき 又もろもろの大河おほかはをからしたまへり
  16. 昼はなんぢのもの よるも又なんぢのものなり なんぢは光と日とをそなへ
  17. あまねく地のもろもろのさかひをたて夏と冬とをつくりたまへり
  18. ヱホバよあたはなんぢをそしり愚かなるたみはなんぢのみなをけがせり この事をおもひいでたまへ
  19. ねがはくは なんぢの鴿はとのたましひをのあらきけものにわたしたまふなかれ 苦しむもののいのちをとこしへに忘れたまふなかれ
  20. 契約をかへりみたまへ 地のくらきところは强暴あらびすまひにてみちたればなり
  21. ねがはくはしへたげらるゝものを慚退はぢしりぞかしめ給ふなかれ なやめるものと苦しむものとに聖名みなをほめたゝへしめたまへ
  22. 神よおきてなんぢのうたへをあげつらひ愚かなるものの終日ひねもすなんぢをそしれるをみこゝろにとめたまへ
  23. なんぢの敵の聲をわすれたまふなかれ なんぢにさからひておこりたつ者のかしがましき聲はたえずあがれり

 本篇は罪の結果の見ゆる時に捧ぐべき禱告(とりなし)の祈禱(いのり)なり。格別に敎會の中に罪あるを見て捧ぐべき禱告の祈禱なり。
▲本篇の要點は以下の如し。
一、神を離れし事を歎きて祈る(一)──『神よいかなれば汝われらをかぎりなく棄たまひしや 奈何ばなんぢの草苑の羊にみいかりの煙あがれるや』
二、過去の恩惠を追想して祈る(二)
 1.贖──『ねがはくは往古なんぢが買求めたまへる公會 ゆづりの支派となさんとて贖ひたまへるものを思ひいでたまへ』
 2.臨在──『又なんぢが住たまへる(日本譯の「住たまふ」とあるは hast dwelt「住たまへる」也)シオンの山をおもひいで給へ』
三、敵のなしたる行爲(わざ)を述べて祈る(三〜十一)
四、神がなし給へる事を祈禱の中に述ぶ(十二〜十七)
五、禱告の祈禱(十八〜廿三)
▲十八〜廿三節迄の部分を注意して見よ、是れ禱告の祈禱の標本なり。
一、敵の力を覚えて祈る(十八)──『ヱホバよ仇はなんぢをそしり愚かなる民はなんぢの名をけがせり この事をおもひいでたまへ』
二、神の御慈愛を覚えて祈る(十九)──『願くはなんぢの鴿のたましひを野のあらき獣にわたしたまふなかれ 苦しむものの命をとこしへに忘れたまふなかれ』(惡魔の攻擊は野の荒き獣が鴿を捕ふるが如し、然れど神は我等を己の鴿として愛し給ふ)
三、神の約束を覚えて祈る(廿)──『契約をかへりみたまへ 地のくらきところは强暴の宅にて充たればなり』
四、神の榮光(みさかえ)を覚えて祈る(廿二)──『神よおきてなんぢの訟をあげつらひ愚かなるものの終日なんぢを謗れるをみこゝろに記たまへ』(敵の謗を思ひ聖榮(みさかえ)の爲に祈る也)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |