第八十五篇



  1. 伶長にうたはしめたるコラの子のうた
    ヱホバよなんぢは御國にめぐみをそゝぎたまへり なんぢヤコブの俘囚(とらはれ)をかへしたまひき
  2. なんぢおのが民の不義をゆるし そのもろもろの罪をおほひたまひき セラ
  3. 汝すべての怒をすてその烈しきいきどほりを遠(とほざ)けたまへり
  4. われらのすくひの神よ かへりきたり我儕(われら)にむかひて忿怒(みいかり)をやめたまへ
  5. なんぢ永遠(とこしへ)にわれらをいかり萬世(よろづよ)にみいかりをひきのべたまふや
  6. 汝によりてなんぢの民の喜悅(よろこび)をえんが爲に我儕を活したまはざるか
  7. ヱホバよなんぢの憐憫(あはれみ)をわれらにしめし汝のすくひを我儕にあたへたまへ
  8. わが神ヱホバのかたりたまふ事をきかん ヱホバはその民その聖徒に平和をかたりたまへばなり さればかれらは愚かなる行爲(おこなひ)にふたゝび歸るなかれ
  9. 實(げ)にそのすくひは神をおそるる者にちかし かくて榮光はわれらの國にとゞまらん
  10. あはれみと眞實とともにあひ義と平和とたがひに接吻(くちづけ)せり
  11. まことは地よりはえ義は天よりみおろせり
  12. ヱホバ善物(よきもの)をあたへたまへばわれらの國は物產(なりいでもの)をいださん
  13. 義はヱホバのまへにゆきヱホバのあゆみたまふ跡をわれらに踏しめん

 六節の終に『再び我儕を活し』(英譯 Revive us again による)といふ言あり、是れ本篇の主意たる句にして、即ち本篇も亦リバイバルの祈禱なり。
▲本篇の要點
一、過去の惠を記憶す(一〜三)──過去の事
二、新しき惠を求む(四〜八)──現在の事
 新しき惠を求むるが故に八節に於て神の聖聲に耳を傾く。リバイバルの爲に祈り居る時に、折々祈禱を止めて神の聖聲をきく事が必要なり。
三、神の全き惠を信ぜよ(九〜十三)──將來の事



| 目次 | 緖言 | 總目次 |