詩篇第四卷

第九十篇



神の人モーセの祈禱いのり

  1. しゅよなんぢは往古いにしへより世々よゝわれらの居所すみかにてましませり
  2. 山いまだなりいでずなんぢいまだ地と世界とをつくりたまはざりしとき 永遠とこしへよりとこしへまでなんぢは神なり
  3. なんぢ人をちりにかへらしめてのたまはく 人の子よなんぢら歸れと
  4. なんぢの目前めのまへには千年ちとせもすでにすぐる昨日きのふのごとく また夜間よのまのひとゝきにおなじ
  5. なんぢこれらを大水おほみづのごとく流去ながれさらしめたまふ かれらは一夜ひとよねむりのごとくあしたにはえいづる靑草あをくさのごとし
  6. あしたにはえいでてさかえゆふべにはかられてかるるなり
  7. われらはなんぢのいかりによりてきえうせ なんぢのいきどほりによりておぢまどふ
  8. なんぢわれらの不義をみまへにおき われらの隱れたるつみを聖顏みかほのひかりのなかにおきたまへり
  9. われらのもろもろの日はなんぢのいかりによりて過去すぎさり われらがすべての年のつくるは一息ひといきのごとし
  10. われらが年をふる日は七十歲なゝそぢにすぎず あるひはすこやかにして八十歲やそぢにいたらん されどその誇るところはたゞ勤勞とかなしみとのみ そのさりゆくことすみやかにして われらもまた飛去とびされり
  11. たれかなんぢのいかりのちからを知らんや たれかなんぢをおそるゝおそれにたくらべてなんぢのいきどほりをしらんや
  12. ねがはくはわれらにおのが日をかぞふることををしへて智慧ちゑのこゝろを得しめたまへ
  13. ヱホバよ歸りたまへ かくていくそのときをたまふや ねがはくはなんぢのしもべらにかゝはれるみこゝろを變へたまへ
  14. ねがはくはあしたにわれらをなんぢのあはれみにてあきたらしめ 世をはるまで喜びたのしませたまへ
  15. なんぢがわれらを苦しめたまへるもろもろの日と われらが禍害わざはひにかゝれるもろもろの年とにたくらべて我儕われらをたのしませたまへ
  16. なんぢの作爲みわざをなんぢの僕等しもべらに なんぢの榮光をその子等こらにあらはしたまへ
  17. かくてわれらの神ヱホバの佳美うるはしきをわれらのうへにのぞましめ われらの手のわざをわれらのうへにかたからしめたまへ ねがはくはわれらの手のわざをかたからしめたまへ

 十二〜十七節に七つの祈禱記さる。
一、時を重んずる事を祈る(十二)──『願くはわれらにおのが日をかぞふることををしへて智慧のこゝろを得しめたまへ』
二、神との交際を祈る(十三)──『ヱホバよ歸りたまへ斯ていくそのときを歴たまふや』
三、滿足を祈る(十四始)──『ねがはくは朝にわれらを汝のあはれみにてあきたらしめ』
四、喜樂(よろこび)を祈る(十四終、十五)──『世をはるまで喜びたのしませたまへ‥‥‥我儕をたのしませたまへ』
五、リバイバルを祈る(十六)──『なんぢの作爲をなんぢの僕等に なんぢの榮光をその子等にあらはしたまへ』
六、聖潔(きよき)を祈る(十七始)──『斯てわれらの神ヱホバの佳美をわれらのうへにのぞましめ』(コロサイ三・十二〜十四參照『この故に汝らは神の選民にして聖なる者また愛せらるる者なれば、慈悲の心・仁慈(なさけ)・謙遜・柔和・寬容を著よ。また互に忍びあひ、若し人に責むべき事あらば互に恕(ゆる)せ、主の汝らを恕し給へる如く汝らも然すべし。凡て此等のものの上に愛を加へよ、愛は德を全うする帶なり』)
七、成功を祈る(十七終)──『われらの手のわざをわれらのうへに確からしめたまへ 願くはわれらの手のわざを確からしめたまへ』(ヨハネ十五・十六參照『汝ら我を選びしにあらず、我なんぢらを選べり。而して汝らの往きて果を結び、且その果の殘らんために、又おほよそ我が名によりて父に求むるものを、父の賜はんために汝らを立てたり』)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |