第百十二篇  題目 此世に居る忠実なる僕



  1. ヱホバを讃まつれ ヱホバを畏れてそのもろもろの誡命(いましめ)をいたく喜ぶものはさいはひなり
  2. かゝる人のすゑは地にてつよく 直きものの類はさいはひを得ん
  3. 富と財(たから)とはその家にあり その公義(たゞしき)はとこしへにうすることなし
  4. 直き者のために暗きなかにも光あらはる 彼は惠ゆたかに憐憫(あはれみ)にみつる義しきものなり
  5. 惠をほどこし貸(かす)ことをなす者はさいはひなり かゝる人は審判(さばき)をうくるときおのが訴(うたへ)をささへうべし
  6. 又とこしへまで動かさるゝことなからん 義者(たゞしきもの)はながく忘れらるゝことなかるべし
  7. 彼はあしき音信(おとづれ)によりて畏れず その心ヱホバに依頼みてさだまれり
  8. その心かたくたちて懼るゝことなく敵につきての願望(ねがひ)をつひに見ん
  9. 彼はちらして貧者(まづしきもの)にあたふ その正義(たゞしき)はとこしへにうすることなし その角はあがめをうけて擧られん
  10. 惡者(あしきもの)はこれを見てうれへもだえ切齒(はがみ)しつゝ消(とけ)さらん また惡きものの願望はほろぶべし

前々篇參照)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |