第百十六篇  題目 すくひさかづき (十三)



  1. われヱホバをいつくしむ そはわが聲とわが願望ねがひとをきゝたまへばなり
  2. ヱホバみゝをわれにかたぶけたまひしがゆゑに われにあらんかぎりヱホバをよびまつらむ
  3. 死のなはわれをまとひ陰府よみのくるしみわれにのぞめり われは患難なやみとうれへとにあへり
  4. その時われヱホバのみなをよべり ヱホバよねがはくはわが靈魂たましひをすくひたまへと
  5. ヱホバは恩惠めぐみゆたかにして公義たゞしくましませり われらの神はあはれみ深し
  6. ヱホバは愚かなるものをまもりたまふ われひくくせられしがヱホバわれをすくひたまへり
  7. わが靈魂たましひよなんぢの平安やすきにかへれ ヱホバは豐かになんぢをあしらひたまへばなり
  8. なんぢはわがたましひを死より わが目をなみだより わが足を顚蹶つまづきよりたすけいだしたまへり
  9. われはいけるものの國にてヱホバのまへにあゆまん
  10. われおほいになやめりといひつゝもなほ信じたり
  11. われあわてしときにいへらく すべての人はいつはりなりと
  12. われいかにしてそのたまへるもろもろの恩惠めぐみをヱホバにむくいんや
  13. われすくひのさかづきをとりてヱホバのみなをよびまつらむ
  14. われすべてのたみのまへにてヱホバにわがちかひをつくのはん
  15. ヱホバの聖徒せいとの死はそのみまへにてたふとし
  16. ヱホバよまことにわれはなんぢのしもべなり われはなんぢの婢女はしための子にしてなんぢのしもべなり なんぢわが縲絏いましめをときたまへり
  17. われ感謝をそなへものとしてなんぢにさゝげん われヱホバのみなをよばん
  18. われすべてのたみのまへにてヱホバにわがちかひをつくのはん
  19. ヱルサレムよなんぢのなかにてヱホバのいへの大庭おほにはのなかにてこれをつくのふべし ヱホバをほめまつれ

 本篇は救の道を示す詩なり。
一、罪の爲に苦む(三)──『死の繩われをまとひ陰府のくるしみ我にのぞめり われは患難とうれへとにあへり』
二、神に祈る(四)──『その時われヱホバの名をよべり ヱホバよ願くはわが靈魂をすくひたまへと』
三、祈禱答へらる(五)──『ヱホバは恩惠ゆたかにして公義ましませり われらの神はあはれみ深し』
四、豐なる救を得(六終、七)──『われ卑くせられしがヱホバ我をすくひたまへり わが靈魂よなんぢの平安にかへれ ヱホバは豐かになんぢを待ひたまへばなり』
▲此救に以下の七つの個條あり。
一、生命(八始)──『汝はわがたましひを死より‥‥‥たすけいだし』
二、慰藉(八中程)──『わが目をなみだより‥‥‥たすけいだし』
三、罪に勝つ力(八終)──『わが足を顚蹶よりたすけいだしたまひき』
四、神の前の生涯(九)──『われは活るものの國にてヱホバの前にあゆまん』
五、感恩の情(十二)──『我いかにしてその賜へるもろもろの恩惠をヱホバにむくいんや』
六、神の屬(もの)也との信仰(献身の結果)(十六)──『ヱホバよ誠にわれはなんぢの僕なり われはなんぢの婢女の子にして汝のしもべなり』
七、感謝讃美(十七)──『われ感謝をそなへものとして汝にさゝげん われヱホバの名をよばん』
 全き救を得たるものは以上の七個條を有す。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |