第百四十五篇  題目 讃美の歌



ダビデの讃美のうた

  1. わがかみ王よわれなんぢをあがめ 世々よゝかぎりなく聖名みなをほめまつらん
  2. われ日ごとになんぢをほめ 世々よゝかぎりなく聖名みなをほめたゝへん
  3. ヱホバはおほいにましませばいともほむべきかな そのおほいなることは尋ねしることかたし
  4. このはかのにむかひてなんぢの事跡みわざをほめたゝへ なんぢの大能たいのうのはたらきをのべつたへん
  5. われなんぢのほまれの榮光ある稜威みいづと なんぢのくすしきみわざとを深くおもはん
  6. 人はなんぢのおそるべき動作はたらきのいきほひをかたり われはなんぢのおほいなることをのべつたへん
  7. かれらはなんぢのおほいなるめぐみあとをいひいで なんぢの義をほめうたはん
  8. ヱホバはめぐみふかく憐情なさけみち またいかりたまふことおそく憐憫あはれみおほいなり
  9. ヱホバはよろづの者にめぐみあり そのふかき憐憫あはれみはみわざのうへにあまねし
  10. ヱホバよなんぢのすべての事跡みわざはなんぢに感謝し なんぢの聖徒せいとはなんぢをほめん
  11. かれらは御國みくにのえいくわうをかたり なんぢのみちからをのべつたへて
  12. その大能たいのうのはたらきと そのみくにの榮光あるみいづとを人の子輩こらにしらすべし
  13. なんぢの國はとこしへの國なり なんぢの政治まつりごとはよろづにたゆることなし
  14. ヱホバはすべてたふれんとする者をさゝへ かゞむものをなほくたゝしめたまふ
  15. よろづのものの目はなんぢをまち なんぢは時にしたがひてかれらにかてをあたへ給ふ
  16. なんぢみてをひらきてもろもろのいけるものの願望ねがひをあかしめたまふ
  17. ヱホバはそのすべてのみちにたゞしく そのすべての作爲みわざにめぐみふかし
  18. すべてヱホバをよぶもの まことをもてこれをよぶものに ヱホバは近くましますなり
  19. ヱホバはおのれをおそるゝものの願望ねがひをみちたらしめ その號呼さけびをきゝてこれをすくひたまふ
  20. ヱホバはおのれをいつくしむものをすべて守りたまへど 惡者あしきものをことごとくほろぼしたまはん
  21. わが口はヱホバの頌美ほまれをかたり よろづのたみ世々よゝかぎりなくそのきよきみなをほめまつるべし

 本篇は標題にある如く讃美の歌なり。
▲本篇の分解
 (一〜三)神の聖名を讃美す
 (四〜七)神の事跡を讃美す
 (八〜十)神の恩惠を讃美す
 (十一〜十三)神の御國を讃美す
▲此順序を見よ。先ず聖名のため即ち神の御品性神御自身の爲に讃美し、次に其神の聖心より起る働の爲に讃美す。其中には恐るべき御業もあれど格別に十字架に於て表れ、又ペンテコステに於て表れし事跡の故に讃美す。其次に事跡の結果なる恩惠の故に讃美し、最後に御國の爲に讃美す。其御國は今は信者の心の中に隱れ存するも未來に於て明かに表る。
▲本篇に英語の「all」日本語にて「よろづ」「すべて」「もろもろ」「ことごとく」等の字多くあるを注意せよ。
  九節に二度(英譯には『すべてのみわざの上に』とあり) 十節 十三節 十四節
  十五節 十六節 十七節に二度 十八節 廿節に二度 廿一節
 斯の如く「凡て」なる語を多く用ひて神を讃美す。之に就て深く考へよ。神の惠は人類一般に注がれる。又未來に於て神の御業の表るゝ時、凡ての人は惠を得るに至らん。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |