新約全書使徒パウロ エペソびとおくれるふみ

第 五 章



  1. なんぢら愛せらるゝ兒女こどもの如く神にならふべし
  2. また愛をて行ひキリストの我儕われらを愛し我儕われらかはりおのれ禮物そなへものとなし犧牲いけにへとなして神の前に馨香かうばしきにほひあらしめんとてさゝげ給ひしが如くすべし
  3. 聖徒たるにかなふごとく奸淫かんいんおよびすべて汚穢けがれたる事また貪婪むさぼることをたがひいふことだにするなか
  4. 淫辭いんじ浮言うきたること戲謔たはむれごといふなかれ これよろしからざる事なり むししゃすることをすべし
  5. そはすべて姦淫するもの汚穢けがれたる者および貪婪むさぼる者すなはち偶像を拜む者のキリストと神との國をつぐを得ざることは爾曹なんぢらしればなり
  6. なんぢら人の虛言いつはりごとに欺かるゝことなかれ 神のいかりこれらの事により背逆者もとれるものに至るなり
  7. 是故このゆゑに彼等にくみすることなか
  8. 爾曹なんぢらもと暗かりしが今しゅありて光れり 光の子輩こどもの如く行ふべし
  9. そは光の結ぶ所のすべてよきことゝたゞしきことゝ誠實まことうちにあればなり
  10. しゅよろこぶ所をわきまへてこれを行ふべし
  11. なんぢらを結ばざる暗行くらきわざくみすることなくかへっこれせむべし
  12. 彼等がかげにて行ふ所の事はこれいふだにもはづべき事なり
  13. すべせめうくべきことは光によりあらはるゝなり そはすべてをあらはす者は光なればなり
  14. 是故このゆゑいへことあり いねたる者よ 目をさまし死よりおきよ キリストなんぢてらさん
  15. され爾曹なんぢらつゝしみておこなひかたくすべし さとからざる者の如くせず智者さときものの如くし
  16. をりうかゞふべし これあしければなり
  17. 是故このゆゑおろかなる者となることなくしゅむね如何いかにさとるべし
  18. また酒にゑふことなかこれをなすは放蕩なり よろしみたま滿みたさるべし
  19. たがひに詩と歌とれいに感じて作れるとをて語りあひ又うたひて爾曹なんぢらの心にしゅを讚美すべし
  20. すべての事につきてつね我儕われらしゅイエスキリストの名によりて神すなはち父にしゃすべし
  21. キリストをおそるゝ心をたがひしたがふべし

  22. つまなる者よ しゅしたがふが如くおのれをっとしたがふべし
  23. そはキリスト 敎會のかしらなる如くをっとつまかしらなればなり キリストは身の救主すくひぬしなり
  24. されば敎會のキリストにしたがふが如くつますべてのことをっとしたがふべし
  25. をっとなる者よ キリストの敎會を愛し其爲そのためおのれすて給ひし如く爾曹なんぢらつまを愛すべし
  26. かれおのれすてしは水のあらひことばよりて敎會をきよこれせいなる者とせんがためなり
  27. また點汚しみなくしはなくすべかくの如きたぐひなくせいにしてきずなきさかえなる敎會をみづかおのれの前にたてためなり
  28. かくの如くをっとそのつまおのれの身となして愛すべし つまを愛する者はおのれを愛するなり
  29. おのれの身をにくむ者はかつあることなし これ保養まもりやしなふことキリストの敎會を保養まもりやしなふが如し
  30. 我儕われらは彼が身のえだなり 彼が肉よりいでかれが骨よりいでたり
  31. 是故このゆゑに人は父と母を離れそのつまふたつのもの一體いちたいになるべし
  32. この奥義おくぎおほいなり わがいふ所はキリストと敎會をさすなり
  33. 爾曹なんぢら各々おのおのそのつまおのれの身となして愛すべし つまそのをっとを敬ふべし


| 新約全書目次 | 弗 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |