新約全書使徒パウロ ピリピびとおくれるふみ

第 一 章



  1. キリストイエスのしもべパウロとテモテ ピリピにをるところのキリストイエスにあるすべての聖徒及びすべての監督執事にふみおく
  2. ねがはくは爾曹なんぢらわれらの父なる神及びしゅイエスキリストより恩寵めぐみ平康やすきうけ

  3. なんぢらはじめの日より今に至るまでともに福音にあづかるにより
  4. われ爾曹なんぢらおもふごとにわが神にしゃ
  5. またつね爾曹なんぢらすべてため祈求ねがふごとによろこびてねが
  6. 爾曹なんぢらの心のうち善工よきわざはじめし者これをしゅイエスキリストの日までに全うすべしとわれふかく信ず
  7. かくの如くが思ふはうべなり 爾曹なんぢらつねにわが心にあるよる そは縲絏なはめあるとき及び福音を辯明しこれ堅固かたうする時も爾曹なんぢらは皆われともうくめぐみあづかればなり
  8. われキリストイエスの心を爾曹なんぢらすべて戀慕こふしたふことについてはそのあかしをなす者は神なり
  9. また爾曹なんぢらの愛 智識ちしきもろもろ知慧さとりうちますますおほいなりて最もすぐれたる所をわきまへ知り
  10. イエスキリストによれる義の滿みたせて神の榮光と讚美ほまれあらはし
  11. キリストの日のためきよくしてあやまちなからんことを祈る

  12. 兄弟よ ねがはくは爾曹なんぢらわが身にありし所のことかへって福音の進行すゝみゆたすけとなりしを知れ
  13. かく縲絏なはめかゝりしはキリストのためなること既に王をまもる所の陣營およびほかの人々にもすべあきらかしられたり
  14. わが縲絏なはめよりて兄弟たちおほくはしゅを信ずるの心を篤くしますますいさみおそるゝことなく道を傳ふ
  15. また猜忌そねみ分爭あらそひよりてキリストをのぶる者あり 又よきこゝろざしによりてこれをなす者あり
  16. 彼は縲絏なはめくるしみ增加ましくはへんことをおもまことの心なくたうを結ぶ心よりキリストをのべ
  17. これが福音を辯明するためたてられしことを知り愛心あいしんよりキリストをのぶ
  18. しからば如何いかん いづれにもあれあるひいつはりあるひはまことともにのぶる所はキリストなればわれこれを喜ぶ かつつねに喜ばん
  19. そはこの事の爾曹なんぢら祈禱いのりとイエスキリストのみたまたすけとによりつひすくひとなるべきしれなり
  20. これわがせつに願ふところのぞむところすなはすべての事にはづる事なく今も常の如くおくせずいけるにもしぬるにもキリストをしてが身によりあがめられしめんとおもふにかなへり
  21. わがいけるはキリストのためまたしぬるもえきなり
  22. されど肉體にありいけることもしわがはたらきを結ぶ根本もととなるべくばいづれを撰ぶべきかわれこれをしら
  23. われこのふたつの間にはさまれたり ねがひは世をさりてキリストと共にあらんことなり これ最も美事よきことなり
  24. されが肉躰にとゞまるは爾曹なんぢらめ更に必要なり
  25. われ深くこの事を信ずるがゆゑながらへて爾曹なんぢらすべての人と共に世にすみ爾曹なんぢらをして信仰をまさしめ信仰よりいづる喜びを得しむるに至らんことをしる
  26. われ再び爾曹なんぢらと共にをら爾曹なんぢらの喜びわれによりてイエスキリストのうちますますおほいならん
  27. われたゞ爾曹なんぢらにキリストの福音にかなおこなひをせん事を勸む これわがゆき爾曹なんぢらみるときもはなれ爾曹なんぢらの事をきくときも爾曹なんぢられいひとつにして堅くたち福音の道のために心をおなじうして力をあは
  28. すべての事につき敵に驚かされざらんことをしらためなり すべて敵に驚かざるは敵にはほろびしるしなんぢらにはすくひしるしなり これ神よりきたるなり
  29. そは爾曹なんぢらたまふ所のめぐみはキリストのためただこれを信ずること而已のみならずまたこれがためくるしみうくることをもたまひたればなり
  30. 今なんぢらに患難なやみあり すなはさき爾曹なんぢらきくところのわれにある患難なやみと同じ


| 新約全書目次 | 腓 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |