新約全書使徒パウロ ピリピびとおくれるふみ

第 二 章



  1. もしキリストにあるすゝめと愛によるなぐさめみたま交際まじはりと慈悲と矜恤あはれみとあらば
  2. なんぢらおもひおなじうし愛心あいしんおなじうしこゝろあはせておもふことをひとつにしよろこび滿みたしめよ
  3. 何事を思ふにもたうを結びあるひ虛榮むなしきほまれもとむる心をいだくべからず 各々おのおのへりくだりたる心をたがひに人をおのれまされりと
  4. 又おのおのおのが事のみをかへりみず人の事をもかへりみよ
  5. 爾曹なんぢらキリストイエスのこゝろこゝろとすべし
  6. 彼は神のからだにてをりしかどもみづかその神とひとしあるところの事を棄難すてがたきことゝおもはず
  7. かへっおのれむなしうししもべかたちをとりて人のごとくなれり
  8. 既に人の如き形狀ありさまにて現れおのれひくゝし死に至るまでしたがひ十字架の死をさへうくるに至れり
  9. 是故このゆゑに神ははなはだしく彼をあがめもろもろの名にまさる名をこれあたへ給へり
  10. は天にあるもの地にあるもの及び地の下にある者をしてことごとくイエスの名によりて膝をかゞめしめ
  11. かつもろもろの舌をしてことごとくイエスキリストはしゅなりと稱揚いひあらはして父なる神にほまれを歸せしめんためなり
  12. されが愛する所の者よ 爾曹なんぢら常にしたがへる如く畏懼おそれ戰慄おのゝきおのすくひを全うせよ わがともにりし時のみならずわがをらざる今はことしかすべきなり
  13. そは神その善旨よきむねを行はんとて爾曹なんぢらうちにはたらき爾曹なんぢらをしてこゝろざしをたて事を行はしむればなり
  14. すべてのこと怨言つぶやくことなく又爭辯あらそふことなくして行ふべし
  15. これ爾曹なんぢらかけなくまじりなく神の子となりまがれるよこしまなる時代にありせむべき所なからんためなり 爾曹なんぢらこの時代にありて光の如く世にあらはれ
  16. 生命いのちことばを保てり かくてキリストの日のためわれをしてが行ひしところ勞苦ほねをりし所のこと徒然むなしくならざるを喜ばしめよ
  17. 爾曹なんぢらの信仰を供物そなへものとしてさゝげんにはたとが血を流してそゝぐともわれこれを喜ばん 爾曹なんぢらすべてものと共に喜ばん
  18. 爾曹なんぢらこれために喜べ われと共に喜べ
  19. われなんぢらが事情ありさまをしり心を慰めしがためすみやかにテモテを爾曹なんぢらつかはさんことをしゅイエスによりて望む
  20. そはかれのほかわれと同じ心を爾曹なんぢらの事を眞實しんじつおもんばかる者なければなり
  21. おほくの人は皆おのが事のみを求めてイエスキリストの事を求めず
  22. されどテモテの鍛鍊たんれんなることは爾曹なんぢらしるところなり 彼は子の父における如くわれと共に福音のためつとめたり
  23. 是故このゆえわれおのが事のつひ如何いかゞなるかをしれたゞちに彼をつかはさんと望む
  24. またわれもみづかすみやかにゆかんことをしゅよりて堅く信ず
  25. されどもわれかならずまづなんぢらの使つかひにてともしきを補ひわれともはたらわれともたゝかひをなせるが兄弟エパフロデトを爾曹なんぢらつかはさゞるべからずとおもへり
  26. そはかれおのさきやみたる事の爾曹なんぢらきこえしをて深く爾曹なんぢらすべてもの戀慕こひしたひかつ憂悶きふさぎをればなり
  27. じつに彼はやまひあひほとんど死にちかづけり されど神これをあはれみ給へり たゞかれをあはれむのみならずわれをもあはれわれをしてうれひうれひかさねざらしむ
  28. 是故このゆゑわれいよいよすみやかに彼をつかはさん これ爾曹なんぢらをして再び彼を見て喜ばしめかつわがうれひへらさんがためなり
  29. され爾曹なんぢらしゅにより喜びて彼をむかへかつかくの如き人をたふとぶべし
  30. そはかれはおのが命をかへりみしなんとするばかりキリストのために働き爾曹なんぢらわれたすける所のかけを補ひたればなり


| 新約全書目次 | 腓 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |