新約全書使徒パウロ コロサイびとおくれるふみ

第 二 章



  1. われなんぢら及びラヲデキヤにをる人々また肉躰にくたいにあるかほいまだ見ざる人のためわが心を勞すること何等いかばかりなるを爾曹なんぢらしらんことをのぞむ
  2. わが心を勞するは彼等が心 愛によりひとつになりうたがひいだかざる全き頴悟さとりとみを得かつ父なる神とキリストの奥義おくぎしり安慰なぐさめを得んことを欲するなり
  3. 智慧と知識の蓄積たくはへは一切キリストにかくれあるなり
  4. たれにても巧言たくみなることば爾曹なんぢらを欺く事なからんためわれこれらの事をいへ
  5. それわれ肉體は爾曹なんぢらはなれをるといへどもれい爾曹なんぢらともをりて喜び爾曹なんぢら次序ついであるとキリストを信ずる信の堅固かたきみるなり
  6. 爾曹なんぢらすでにしゅキリストイエスをうけたれば彼にありあゆむべし
  7. なんぢら根を彼におき彼にありて德をたてまたをしへうけたる所に從ひて信仰を堅くしこれますますおほいにして感謝せよ

  8. なんぢら愼むべし おそらくはキリストにしたがはず人の遺傳つたへと世の小學にしたが空言くうげんなる理學をもて爾曹なんぢらの心をうばは
  9. それ神の充足みちたれる德はことごと形體かたちをなしてキリストにすめ
  10. 彼はすべてまつりごとと權威のかしらなり 爾曹なんぢらかれにあり全備ぜんびする事をうるなり
  11. 爾曹なんぢら彼にありて手をもてざる割禮をうく すなはち肉のからだ脫去ぬぎさるところのキリストの割禮なり
  12. 爾曹なんぢらバプテスマをうけて彼とともに葬られまた死より彼をよみがへらしゝ神の大能はたらきを信ずるによりて彼とともよみがへらされたり
  13. なんぢらさきにはもろもろの罪と身に割禮なきとによりしにたる者なり されど神爾曹なんぢらをしてすべての罪をゆるし彼とともいかしめ
  14. かつ手にてしるしゝ所の我儕われらせむ規條いましめふみすなはち我儕われらさからふものを塗抹ぬりけしこれを中間ちうかんより取去とりさくぎその十字架につけたまへり
  15. また政事まつりごととる者と權威ある者をほろぼし彼等を衆人すべてのものに示しキリストにより勝誇かちほこれり

  16. 是故このゆゑあるひのむことあるひくらふことあるひ節期せつきあるひは月朔つひたちあるひは安息日あんそくにちの事により人をして爾曹なんぢらせしむることなか
  17. 此等これらは皆きたらんとする者の影にしてそのまことの形はキリストにつけ
  18. 謙卑へりくだることゝ天使てんのつかひを拜することゝにより爾曹なんぢら褒美はうび諞奪あざむきとらんとする人にその褒美はうびとらるゝなかかくの如き人はいまだ見ざる者をうかゞおのれの心に從ひてみだりに誇りかしらつくことをざるなり
  19. 全體このかしらによりもろもろふしすじをもて相助あひたす相聯あひつらなり神にそだてられてそだつなり
  20. もし爾曹なんぢらキリストとともしにて世の小學よりはなれたらんには
  21. なんぞ世にありて日を送る者の如く人のいましめをしへしたがさはなかあぢはなかふるなかれといふ律法おきてしたになるや
  22. 此等これらの禁じたる者はすべて人これをもちゆればつくるなり
  23. 此等これら規條おきてみづか縦肆ほしいまゝにして拜することをなしかつ謙卑へりくだりかつ身ををしまざるによりて智慧ある者の如くみゆれどもじつたふとき者にあらず たゞ肉體の慾を充足みちたらするなり


| 新約全書目次 | 西 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |