新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 二 章



  1. 是故このゆゑ我儕われらきゝし所を流過ながれすぐることなからんためにいよいよあつく愼むべし
  2. それ天使等つかひたちよりつげ給ひしことば堅立かたくしてすべて違逆そむき不順したがはざるとみなたゞしむくいうけたらんには
  3. かくの如きおほいなるすくひ我儕われら等閑なほざりにしていかのがるゝことを得んや は始めしゅよりて示されたるをきゝし者ども我儕われら言證いひかためたり
  4. 神もまたその聖旨みこゝろしたがひて休徵しるし奇跡ことなるわざおよび萬殊さまざま異能ちからのわざ分予わかちあたふる所の聖靈をて彼等とともあかしせり
  5. それ神は我儕われらいふところのきたらんとする世を天の使等つかひたちにはしたがはせざりき
  6. あるへんに人あかししていひけるは 人をたれとしてなんぢこれを心にとむるや 人の子をたれとしてなんぢこれを眷顧かへりみるや
  7. なんぢかれを天の使等つかひたちより少しくおとらしむ 彼にさかえ尊貴たふときかむらせ又なんぢの手にて造りし者の上にこれたてたり
  8. なんぢ萬物すべてのものその足下あしのしたに服せしむ 既に萬物すべてのものこれに服せしむれば必ず服せずしてのこる物なし されど今に至るまで我儕われら萬物すべてのものいまだこれに服せしを見ず
  9. たゞわれら天の使等つかひたちよりすこしおとらされし者すなはち死のくるしみうけしによりさかえ尊貴たふときかむらせられたるイエスを見たり そのしにたるは神のめぐみよりすべての人にかはり死をあぢはへんがためなり
  10. これおほくの子をさかえに導かんとてそれを救ふきみをして苦難くるしみならしむるは萬物すべてのものの歸するところ萬物すべてのものを造れる者にかなへることなり
  11. それきよむる者ときよめらるゝ者とすべひとつよりいづ このゆゑに彼等を兄弟ととなふるを恥とし給はずして
  12. いへらく われなんぢの名をが兄弟に示さん なんぢを敎會のうちほめ
  13. またいはわれかれに依賴よりたのまん 又いはく われと神のわれあたへし諸子こども
  14. それ諸子こどもともに肉と血とをそなふれば彼もおなじこれそなこれ死をもて死の權威をもてるものすなはち惡魔を滅ぼし
  15. かつ死をおそれて生涯つながるゝ者をはなたんためなり
  16. に天の使等つかひたちたすけずアブラハムの子孫を助く
  17. 是故このゆゑに神につける事について矜恤あはれみと忠義なる祭司のをさとなりてたみの罪をあがなはんため諸事すべてのことおいて兄弟のごとくなるはうべなり
  18. そはかれみづかいざなはれて艱難くるしみうけたればいざなはるゝ者をたすけ得るなり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |