新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 三 章



  1. 是故このゆゑおなじく天のめしかうむりしきよき兄弟よ
  2. モーセが神の全家せんかに忠義をせし如くおのれたてし者に忠義なる 我儕われらが信ずる所の使徒たる祭司のをさたるイエスを深くおもふべし
  3. そは家をつくりし者の家よりまさりほまれあるが如く彼もモーセよりはまさりほまれうくべき者とせられたり
  4. およそ家はこれつくれる者あり 萬物ばんもつを造れる者は神なり
  5. それモーセは將來のち言傳いひつたへられんとする事のあかしをせんがため僕人つかはれびとの如く神の全家ぜんかおいて忠義をなし
  6. キリストは子たる者の如く神の家をつかさどれり 我儕われらもし信仰とのぞみよろこびとををはりまでかたたもた我儕われらその家なり
  7. 是故このゆゑに聖靈のいへる如くせよ 爾曹なんぢらもし今日けふその聲をきかば野にありしゅを試みたる日 そのいかりひきし時の如く
  8. 爾曹なんぢら心を剛愎かたくなにするなか
  9. 其處そのところおい爾曹なんぢら列祖せんぞわれを試みわれをためし又四十年しじふねんあひだわが作爲わざたり
  10. 是故このゆゑわれそのの人をいかりて彼等は常に心まどへりといへされわが道をしらざりき
  11. ゆゑわれいきどほりて彼等は安息やすみいるべからずとちかひたり
  12. 兄弟よ 爾曹なんぢらうちに不信仰なるあしき心をいだき活神いけるかみの前より離れおつることなからんやうつゝしむべし
  13. 爾曹なんぢらのうち誰一人たれひとり罪の誘惑あざむきより剛愎かたくなにならざるやう今日けふとなふるうちに日々たがひあひ勸めよ
  14. そは我儕われらもしはじめの信仰ををはりまでかたたもたばキリストにくみする者とならん
  15. それいへることあり 今日けふその聲をきかいかりひきし時のごとく爾曹なんぢらの心を剛愎かたくなにするなか
  16. きゝてなほいかりひきし者はたれぞや モーセに從ひてエジプトよりいでたるすべての者にあらずや
  17. 神は四十年しじふねんのあひだたれむかひいかりしや 罪を犯してそのしかばねを野にたふしゝ者どもにいかれるならず
  18. 又その安息やすみいるべからずとたれむかひちかひしや 信仰せざりし者等ものどもちかへるならず
  19. これよりれば彼等がいることを得ざりしは不信によりてなり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |