新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 七 章



  1. このメルキセデクはサレムの王にていと高き神の祭司なりしがアブラハム 王等わうたちを殺してかへりしときかれアブラハムをむかへしゅくせり
  2. アブラハムこれすべ所獲ぶんどりものの十分の一をわかちたり まづその名をとけたゞしきの王 次にサレムの王といふ これすなは平康おだやかの王なり
  3. 彼は父なく母なく族譜けいづなくいのちはじめなくまたをはりもなし 神の子にかたどられてつねに祭司たりき
  4. 先祖アブラハム所獲ぶんどりの最もよき物の十分の一をて彼にあたふればその人の如何いかたふときかを思ふべし
  5. レビの子孫のうち祭司のつとめうくる者は律法おきてしたがひたみすなはその兄弟より十分の一をとる事を命ぜらる 彼等はアブラハムの腰よりいでたる者といへどもなほしかなせり
  6. されどこの血脈ちすぢあらずして彼はアブラハムより十分の一をとりその約束をたもてる者をしゅくせり
  7. 劣れる者のまされる者にしゅくさるゝは論なきことなり
  8. こゝなる十分の一をうくる者はしぬべき者 かしこなるはいける者なりとあかしせられたり
  9. また十分の一をうくる所のレビもアブラハムによりて十分の一ををさめたりといふべし
  10. そはメルキセデクが彼にあへるときレビもその父の腰にをればなり
  11. たみはレビのすぢなる祭司のつとめもとづきて律法おきてうけたり もしこのつとめより完全まったきことあらばなんほかにアロンのくらゐとなへざるメルキセデクのくらゐの如き祭司のおこることを求めん
  12. 既に祭司のすぢかはる時は律法おきてまた必ずかはるべし
  13. 此等これらの事は祭壇につとめたる者なき支派わかれつける者をさしいへ
  14. 我儕われらしゅのユダよりいでし事はあきらかなり モーセこの支派わかれついて祭司のつとめのことはなにをもいはざりき
  15. 既にメルキセデクの如きほかの祭司おこりたれば律法おきてかはる事もいよいよあきらけし
  16. 彼は肉體にかゝ律法おきてのりしたがひてたゝくちざる生命いのちちからしたがひてたて
  17. そはメルキセデクのくらゐの如くなんぢかぎりなく祭司たりとあかしせられたればなり
  18. そは律法おきては何事をもまったうせし所なし
  19. 是故このゆゑさき法度のりはその荏弱よわきえきなきをて廢せられさらまされるよきのぞみたてられたり 我儕われらこののぞみよりて神にちかづくことをうるなり
  20. かの人々はちかひなくして祭司となれど彼はちかひて祭司となれり
  21. これしゅかはりなきちかひたてなんぢはメルキセデクのくらゐのごとくかぎりなく祭司たりと語れる者による
  22. かくの如くイエスはちかひあらざれば祭司とならざるほどもっとよき契約の保證人うけあひびととなれり
  23. 彼等は死あるにりてながたもつことあたはず ゆゑに祭司となりたる者おほかりき
  24. されどイエスはかぎりなくたもつゆゑかはることなき祭司のつとめもて
  25. 是故このゆゑに彼はおのれよりて神にきたる者のため懇求とりなさんとてつねいくれば彼等を全く救ひうるなり
  26. かくの如き祭司のをさ我儕われらあたれる者なり 彼は聖潔きよくして不善あしきことなく繊垢けがれなくして罪人つみびととほざかれり かつ天よりも高し
  27. 又かの祭司の長等をさたちの如くまづおのれの罪 のちたみの罪のために日ごとに犧牲いけにへさゝぐべきよしなし そはすでに一次ひとたびおのれをさゝげこれなせばなり
  28. それ律法おきては弱き人をたてて祭司のをさとなせり され律法おきてのちちかひことばかぎりなく全き子をたてたり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |