新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 八 章



  1. わがいへる所の肝要はかくの如き祭司のをさ我儕われらあることなり 彼は天においおほいなる威光ある者のくらゐの右にして
  2. 聖所きよきところつかすなはち人のたつる所にあらしゅたてたまへる所のまことの幕屋なり
  3. すべての祭司のをさたてられたるは禮物そなへもの犧牲いけにへさゝぐためなるがゆゑに彼もまたかならずさゝぐる所の物あるべし
  4. かれもし地にをらば祭司となるべからず そはすでに律法おきてしたがひて禮物そなへものさゝぐる祭司あればなり
  5. 彼等がつかふる所は天にある者のかたちと影なり モーセ幕屋を造らんとせし時になんぢつゝしみすべての事をなすには山においわがなんぢにあらはしゝ所ののりしたがふべしとしめされたりし如し
  6. されど今かれはまされる約束にもとづきてたてられたる契約の中保なかだちとなる かくの如く彼はすぐれたるつとめを得たり
  7. そははじめの契約もしかくることなくばのちの契約をたつることをもとめじ
  8. そのかくる所を彼等にあらはしていはしゅいひ給ひけるはわれイスラエルの家とユダの家に新約をたて全備まったうするの日きたらん
  9. このやくわれ手をとりて彼等の先祖をエジプトの地より導きいだせる日にたてし所の如きにあらそはかれらが契約にをらわれまた彼等をかへりみざりしがゆゑなりとしゅいひ給ひたり
  10. またしゅいひ給ひけるはその日ののちわれイスラエルの家にたてんとする契約はこれなり われは律法おきてをそのおもひおきまたその心にしるさん われかれらの神となり彼等たみなるべし
  11. 各人おのおのその邦人くにびとその兄弟にをしへなんぢしゅしれまたいはじ そはせうよりだいに至るまでことごとわれしら
  12. われ彼等の不義をあはれその罪と惡をまたこゝろとめざればなり
  13. かれ既にあたらしいひしははじめの物をふるしとするなり それふるびおとろふる物はほとんど消滅きえうせんとす


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |