新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 十 二 章



  1. 是故このゆゑ我儕われらかく許多おほく見證人ものみびとに雲の如くかこまれたればすべて重負おもきものまとへる罪を除き耐忍たへしのびて我儕われらの前におかれたる馳塲はせばはし
  2. イエスすなはち信仰の先導みちびきとなりてこれ成全まったうする者を望むべし 彼はその前におくところの喜樂よろこびりてその恥をもいとはず十字架を忍びて神の寳座くらゐの右にしぬ
  3. なんぢら倦疲うみつかれて心をうしなふことなからんために惡人の如此かくおのれにさからひしをもしのびたる者を思ふべし
  4. なんぢら惡を爭ひふせぎいまだ血をながすに至らず
  5. また子につぐるが如くつげ給ひしことば爾曹なんぢら忘れたり いはわが子よ なんぢしゅ懲治こらしめかろんずるなかその譴責いましめうくるとき心をうしななか
  6. そはしゅその愛する者をこらしめ又すべてそのうくる所の子をむちうてり
  7. なんぢらもしこの懲治こらしめを忍ばゞ神は子の如く爾曹なんぢらあしらひ給ふなり たれか父のこらしめざる子あらん
  8. すべての人のうく懲治こらしめもし爾曹なんぢらなくばそは私子かくしごにして實子まことのこあら
  9. 我儕われらの肉體の父は我儕われらこらしめし者なるになほこれをうやまへり まし靈魂たましひの父にしたがひていのちを得ざるべけん
  10. 肉體の父はその心に任せてしばら我儕われらこらしされたましひの父は我儕われらえきしめてその聖潔きよきあづからせんがためこらしむる事をなす
  11. すべて懲治こらしめ今はよろこばしからず かへっかなしおもはる されのちこれよりて鍛鍊する者には義の平康おだやかなるを結ばせり
  12. 是故このゆゑ爾曹なんぢらなへたる手 よわりたる膝をすこやかにせよ
  13. 足蹇あしなへたる者の迷ふ事なくいやされんがため爾曹なんぢらの足に平直すぐなるみちを備ふべし
  14. 爾曹なんぢらすべての人と和睦やはらぐ事をなしみづかきよからん事を務めよ 人もしきよからずばしゅまみゆる事を得ざるなり
  15. 爾曹なんぢらつゝしめよ 恐らくは神の恩寵めぐみに及ばざるものあらん おそらくは苦根にがきねはえいでゝ爾曹なんぢらなやまさん かつ多くの人これりてけがさるべし
  16. おそらくはエサウの如くいんを行ひみだりなる事をなす者あらん 彼は一飯いちはんのために長子あにげふうれ
  17. そののち祝ふ所のさいはひつがん事をもとめたれどもつひすてられ淚を流してこゝろざし挽回ひきかへさんとせしがうることあたはざりしは爾曹なんぢらしるところなり

  18. 爾曹なんぢらちかづける所はさはるべき山にあらあるひもえたる火あるひは密雲くろくもあるひは黑暗くらきあるひは暴風はやち
  19. あるひはらっぱの音あるひは言語ことばの聲にもあらこの聲をきゝし者は再びことばをもてかたり給はざる事をねがへり
  20. そはけものさへし山にふれなば石にてうたるべしと命ぜられしを彼等忍ぶことあたはざりしゆゑなり
  21. その見しところきはめおそろしかりければモーセもわれいた恐懼おそれ戰慄おのゝけりといへ
  22. され爾曹なんぢらちかづける所はシオンの山また活神いけるかみの城なる天のエルサレムまた千萬ちよろづしゅうすなはち天使てんのつかひ聚集あつまり
  23. 天にしるされたる長子ちゃうしどもの敎會またすべての人をさばく神および成全まったうせられたる義人の靈魂たましひ
  24. 新約の中保なかだちなるイエス及びそゝぐ所の血なり この血のいふところはアベルの血のいふ所よりはもっとまされり
  25. つゝしみてつぐる所の者を拒むなかし地にて示せる者をこばみし彼等まぬかるゝ事なかりしならばまし我儕われら天より示せる者をこばみまぬかるゝことを得んや
  26. 昔はその聲 地をふるへり 今は彼つげていはわれまた一次ひとたび地のみならず天をもふるはん
  27. このまた一次ひとたびいへるはふるはるべき者のすてられんことを示す 此等これらの造られたるはふるはれざる者ののこらんためなり
  28. 是故このゆゑ我儕われらふるはれざる國を得たればめぐみに感じてつゝしうやまひ神の意旨みこゝろかなふ所をもてこれつかふべし
  29. それわれらの神は燬盡やきつくす火なり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |