新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 五 章



  1. イエス許多おほくの人を見て山に登りし給ひければ 弟子たち其下そのもときたれり
  2. イエス口をひらきて彼等に敎へいひけるは
  3. 心のまづしき者はさいはひなり 天國てんこくすなはその人の者なればなり
  4. かなしむ者はさいはひなり その人は安慰なぐさめべければなり
  5. 柔和なる者はさいはひなり その人は地をつぐことをべければなり
  6. 饑渴うゑかはくごとく義をしたふ者はさいはひなり その人はあくことをべければなり
  7. 矜恤あはれみある者はさいはひなり その人は矜恤あはれみべければなり
  8. 心の淸き者はさいはひなり その人は神をみることをべければなり
  9. 和平やはらぎもとむる者はさいはひなり その人は神の子ととなへらるべければなり
  10. たゞしきことの爲にせめらるゝ者はさいはひなり 天國てんこくすなはその人の者なればなり
  11. わがために人なんぢらを詬誣ののしりまた迫害せめいつはりて各樣さまざま惡言あしきことをいはんその時は爾曹なんぢらさいはひなり
  12. 喜びたのしめ 天におい爾曹なんぢら報賞むくひおほければなり そは爾曹なんぢらよりさきの預言者をも如此かくせめたりき

  13. 爾曹なんぢらは地のしほなり しほもしその味を失はゞ何をもってもとの味にかへさん のちは用なし 外にすてられて人にふまるゝ而已のみ
  14. 爾曹なんぢらは世の光なり 山の上にたてられたる城はかくるることを得ず
  15. ともしびともしてますの下におく者なし 燭臺しょくだいおきて家にあるすべての物をてらさん
  16. かくの如く人々の前に爾曹なんぢらの光を耀かゞやかせ れば人々なんぢらの善行よきおこなひを見て天にいま爾曹なんぢらの父をあがむべし

  17. われ律法おきてと預言者をすつる爲にきたれりとおもなかれ われきてりてこれすつるにあらず 成就せん爲なり
  18. われ誠に爾曹なんぢらつげん 天地のつきざるうち律法おきての一點一畫もとげつくさずしてすたることなし
  19. 是故このゆゑに人もしいましめ至微いとちひさひとつをもやぶり又その如く人にをしへなば天國におい至微いとちひさき者といはれん おほよこれを行ひかつ人にをしふる者は天國においおほいなる者といはるべし
  20. 我なんぢらにつげん 學者とパリサイの人のたゞしきよりも爾曹なんぢらたゞしきことすぐれずば必ず天國てんこくいることあたは

  21. いにしへの人につげころすことなかれ 殺す者は審判さばきあづからんといへることある爾曹なんぢらきゝし所なり
  22. されわれなんぢらにつげすべて故なくしてその兄弟をいかる者は審判さばきあづからん 又その兄弟を愚者おろかものよといふ者は集議しふぎあづからん また狂妄しれものよといふ者は地獄の火にあづかるべし
  23. の故になんぢもし禮物そなへものを携へて壇にゆきたる時 かしこにて兄弟にうらまるゝことあるを憶起おもひいださば
  24. その禮物そなへものを壇の前におきまづゆきなんぢの兄弟とやはらのちきたりてなんぢ禮物そなへものさゝげ
  25. なんぢを訴ふる者ととも途間みちにある時 はやくやはらげよ おそらくは訴ふる者なんぢを審官しらべやくわた審官しらべやくまたなんぢ下吏したやくわたし 遂になんぢひとやいれられん
  26. 我まことになんぢつげ分釐ぶんりんまでもつぐのはざれば必ず其所そこいづることあたはざるなり

  27. いにしへの人につげて 姦淫することなかれいへることあるは爾曹なんぢらきゝし所なり
  28. されど我なんぢらにつげおほよをんなを見て色情をおこす者は中心こゝろのうちすでに姦淫したるなり
  29. もし右の眼なんぢを罪におとさば抉出ぬきいだしてこれすてそは五體のひとつを失ふは全身を地獄に投入なげいれらるゝよりはまされり
  30. もし右の手なんぢを罪におとさばこれきりすてそは五體のひとつを失ふは全身を地獄に投入なげいれらるゝよりはまされり

  31. またいへることあり おほよそ人その妻をいださんとせばこれに離緣狀をあたふべしと
  32. されど我爾曹なんぢらつげん 姦淫のゆゑならでその妻をいだす者はこれに姦淫なさしむるなりいだされたるをんなめとる者も姦淫を行ふなり

  33. またいにしへの人につげいつはりちかひたつることなかれ なんぢ誓ふ所は必ず主にとぐべしといへることある爾曹なんぢらきゝし所なり
  34. されど我なんぢらにつげん 更にちかふことなかれ 天をさして誓ふなかこれ神の座位みくらゐなればなり
  35. 地をさして誓ふことなかれ これ神の足凳あしだいなればなり エルサレムをさして誓ふことなかれ これ大王おおぎみ京城みやこなればなり
  36. なんぢかしらさして誓ふなかれ そはひとすじのだにしろくくろくすることあたはざればなり
  37. 爾曹なんぢらたゞ是々しかりしかり否々いないなといへ これよりすぐるは惡よりいづるなり

  38. 目にて目をつくのひ齒にて齒をつくのへといへることある爾曹なんぢらきゝし所なり
  39. されど我なんぢらにつげん 惡に敵することなかれ 人なんぢの右のほゝうたまたほかのほゝをもめぐらしてこれむけ
  40. なんぢうったへ裏衣したぎとらんとする者には外衣うはぎをもまたとらせよ
  41. 人なんぢに一里の公役こうえきしひなばこれともに二里ゆけ
  42. なんぢもとむる者にはあたからんとする者をしりぞくるなか

  43. なんぢの隣をいつくしみて其敵そのあだうらむべしいへることある爾曹なんぢらきゝし所なり
  44. されども我なんぢらにつげ爾曹なんぢらあだいつくし爾曹なんぢらのろふ者を祝し爾曹なんぢらを憎む者を善視よく虐遇迫害なやめせむるものゝ爲に祈禱きたうせよ
  45. 如此かくするは天にいま爾曹なんぢらの父の子とならん爲なり それ天の父はその日を善者よきものにも惡者あしきものにもてらし 雨をたゞしき者にもたゞしからざる者にもふらせ給へり
  46. 爾曹なんぢらおのれを愛する者を愛するはなに報賞むくひかあらん 税吏みつぎとりしかせざらん
  47. 安否を兄弟のみにとふは人よりなんすぐれたる事かあらん 税吏みつぎとりしかせざらん
  48. 是故このゆゑに天にいま爾曹なんぢらの父の完全まったきが如く爾曹なんぢら完全まったくすべし


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |