新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 十 章



  1. さてイエスその十二弟子をよび 彼等にけがれたる鬼をおひいだし又すべてのやまひすべてのわづらひをいやちからたまへり
  2. その十二使徒の名はの如し はじめにはペテロとなづけ給ひしシモン その兄弟アンデレ ゼベダイの子ヤコブ その兄弟ヨハネ
  3. ピリポ バルトロマイ トマス 税吏みつぎとりマタイ アルパイの子なるヤコブ タッダイとなづくるレッバイ
  4. カナンのシモン イスカリオテのユダ これすなはちイエスをわたしゝ者なり

  5. イエスこの十二をつかはさんとして命じていひけるは 異邦のみちゆくなかれ 又サマリヤびとむらにもいるなかれ
  6. たゞイスラエルの家の迷へる羊にゆけ
  7. ゆき天國てんこくちかきあり宣傳のべつたへ
  8. やまひの者をいや癩病らいびゃうきよくしにたる者をよみがへらせ鬼を逐出おひいだすことをせよ 爾曹なんぢらあたひなしにうけたればまたあたひなしに施すべし
  9. 爾曹なんぢら金または銀またはぜにたくはおぶなか
  10. 行囊たびぶくろ ふたつ裏衣したぎ くつ つゑまたしかり そは工人はたらくものその食物をうるうべなり
  11. おほよ鄕邑むらざとに至らば其中そのうちより好人よきひとたづねいづるまでは其處そことゞま
  12. 人の家にいらばその平安やすきとへ
  13. その家もし平安やすきべき者ならば爾曹なんぢらの願ふ平安やすきその家に至らん 平安やすきうくべからざる者ならば爾曹なんぢらの願ふ平安やすき爾曹なんぢらに歸るべし
  14. もし爾曹なんぢらうけ爾曹なんぢらことばきかざる者あらばその家または其邑そのむらさるとき足のちりはら
  15. われまこと爾曹なんぢらつげ審判さばきの日いたらばソドムとゴモラの地は此邑このむらよりもかへっやすからん

  16. われ爾曹なんぢらつかはすは羊を狼のなかいるるが如し 故に蛇の如くさと鴿はとの如く訓良おとなしかれ
  17. つゝしみて人に戒心こゝろせよ そは人なんぢらを集議所にわたし又その會堂にてむちうつべければなり
  18. 又わが緣故ゆゑより侯伯つかさおよび王の前にひかるべし これかれらと異邦人にあかしをなさんが爲なり
  19. 人なんぢらをわたさば如何いかになにをいはんと思ひわづらふなかそのときいふべき事は爾曹なんぢらたまはるべし
  20. これなんぢらみづかいふあら爾曹なんぢらの父のみたまそのうちありいふなり
  21. 兄弟は兄弟を死にわたし父は子をわたし子は兩親ふたおやを訴へかつこれを殺さしむべし
  22. 又なんぢらわが名の爲にすべての人ににくまれん されをはりまで忍ぶ者は救はるべし
  23. このむらにて人なんぢらをせめなばほかむらに逃れよ われまことに爾曹なんぢらつげ爾曹なんぢらイスラエルの諸邑むらむら廻盡めぐりつくさゞるうちに人の子はきたるべし
  24. 弟子は師よりまさらずしもべあるじよりまさらざるなり
  25. 弟子はその師の如くしもべ其主そのあるじの如くならばたりぬべし し人 あるじよびてベルゼブルといはましその家の者をや
  26. 是故このゆゑに彼等をおそるゝことなかれ そはおほはれてあらはれざる者なく かくれしられざる者なければなり
  27. われ幽暗くらきおい爾曹なんぢらつげしことを光明あかるきのべよ 耳をつけてきゝしことを屋上やのうへ宣播いひひろめよ
  28. 身を殺してたましひを殺すことあたはざる者をおそるゝなかたゞなんぢらたましひからだとを地獄にほろぼる者をおそれよ
  29. 二羽のすゞめは一錢にてうるあらずや しかるに爾曹なんぢらの父のゆるしなくばその一羽も地におつることあら
  30. 爾曹なんぢらかしらまた皆かぞへらる
  31. ゆゑおそるゝなか爾曹なんぢらおほくすゞめよりもまされり
  32. されおほよそ人の前にわれしるいはん者をわれまた天にいまわが父の前にこれしるいは
  33. 人の前にわれしらずといはん者をわれまた天にいまわが父の前にこれしらずといふべし

  34. 地に泰平おだやかいださん爲にわれきたれりとおもふなかれ 泰平おだやかいださんとにあらやいばいださん爲にきたれり
  35. それれわがきたるは人をその父にそむかせむすめその母にそむかせよめそのしうとめそむかせんが爲なり
  36. 人のあだその家の者なるべし
  37. 我よりも父母ちゝはゝいつくしむ者は我にかなはざる者なり 我よりも子女むすこむすめいつくしむ者は我にかなはざる者なり
  38. その十字架をとりて我に從はざる者も我にかなはざる者なり
  39. その生命いのちる者はこれを失ひ わがために生命いのちを失ふ者はこれべし
  40. 爾曹なんぢらうくる者はわれうくなり またわれうくる者はわれつかはしゝ者をうくるなり
  41. 預言者なるをもってその預言者をうくる者は預言者の報賞むくひをうけ 義人たゞしきひとなるをもってその義人たゞしきひとうくる者は義人たゞしきひと報賞むくひうく
  42. わが弟子なるをもてちひさき一人の者にひやゝかなる水一杯にてものまする者は まこと爾曹なんぢらつげん 必ずその報賞むくひを失はじ


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |