新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 十 四 章



  1. そのころ分封わけものきみヘロデ イエスの聲名うはさきゝ
  2. そのしもべいひけるは これバプテスマのヨハネなり 彼死よりよみがへりたり ゆゑふしぎなるわざおこなふなり
  3. さきにヘロデその兄弟ピリポの妻ヘロデヤの事によりてヨハネをとらしばりひとやいれたり
  4. はヨハネ ヘロデに此婦このをんなめとるはよろしからずといひしによる
  5. 彼ヨハネを殺さんとおもへたみこれを預言者とするにより彼等をおそれたりしが
  6. ヘロデ誕生の日を祝へる時ヘロデヤのむすめ その座上にてまひをなしヘロデをよろこばせければ
  7. いかなる物にてももとめまかせあたへんとヘロデこれちかひたり
  8. むすめその母のすゝめありしによりバプテスマのヨハネのくびを盆にのせこゝたまはれといふ
  9. うれへけれども既にちかひたると席につらなれる者のためあたふることを命じ
  10. すなはち人をつかはひとやおいてヨハネのくびきら
  11. そのくびを盆にのせむすめあたへければむすめこれその母にさゝげたり
  12. ヨハネの弟子たちきたりてしかばねとりこれをはうむゆきてイエスにつぐ
  13. イエスこれをきゝて 人をさけ舟にのり其處そこさりさびしきところゆき給ひしが 衆人ひとびときゝて歩行かちにて彼に從へり

  14. イエスいでおほくの人を見てこれあはれそのやめる者をいやせり
  15. 日くるゝ時その弟子きたりていひけるは こゝ寂寞さびしきところにして時もはや遅し 諸邑むらむらゆきみづかしょくもとめさせんために人々をさらしめよ
  16. イエス彼等にいひけるは 人々ゆかずともよし 爾曹なんぢらこれしょくあたへ
  17. こたへけるは 我儕われらこゝにたゞいつゝのパンとふたつうをあるのみ
  18. イエスいひけるは それこゝ携來もちきた
  19. つひ衆人ひとびとに命じて草の上にすわらしめ いつゝのパンとふたつうををとり天をあふぎしゃし パンをわりて弟子にあたふ 弟子これ衆人ひとびとあたへ
  20. みなくらひあき そのあまりたるくづひろひしに十二のかごみちたり
  21. くらひし者はをんな幼童こどもほかおほよそ五千人なりき

  22. やがてイエス衆人ひとびとを歸さんとしてその弟子をしひて舟にのせむかふの岸へ先にわたらしむ
  23. かく衆人ひとびとを歸しければ祈禱いのりせんとてひそかに山にのぼり日くれひとりそこにいませり
  24. 舟は海中わだなかありて逆風のためなみたゞよはさる
  25. の四時ごろイエス海の上をあゆみこれいたりしに
  26. 弟子その海の上をあゆめるを見て驚き 變化へんげの物ならんといひおそさけびたり
  27. イエスやがて彼等にいひけるは 心やすかれ われなり おそるゝなか
  28. ペテロこたへいひけるは しゅなんぢならばわれに命じ水をふみなんぢもといたらしめよ
  29. きたれいひ給ひければ ペテロ舟よりおりてイエスのもといたらんとてなみの上をあゆみたれど
  30. 風のはげしきを見ておそしづみかゝりければ しゅわれたすけたまへといふ
  31. イエスやがて手をのべこれとらへいひけるは 信仰うすき者よ なんぞ疑ふや
  32. ともに舟にのりければ風しづまりぬ
  33. 舟にをりし者ちかよりて彼をはいいひけるは まことなんぢは神の子なり

  34. つひわたりてゲネサレの地にいたりしかば
  35. 其處そのところの人々イエスをしりあまね四方しはうに人をつかはすべやまひの者をたづさきたらしむ
  36. たゞその衣のすそさはらんことをイエスに願へり さはりし者はすなはちみないやされたり


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |