新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 十 九 章



  1. イエス此等これらの事を言畢いひをはりしときガリラヤをさりてヨルダンのむかふユダヤのさかひに至りけるに
  2. おほくの人々從ひしかば此處このところにて彼等をいやし給へり
  3. パリサイの人きたりてイエスを試みいひけるは 人なにのゆゑかゝはらずその妻をいだすはよき
  4. こたへて彼等にいひけるは 元始はじめに人を造り給ひし者はこれ男女なんにょに造れり
  5. 是故このゆゑに人 父母ちゝはゝを離れてその妻にあひ二人のもの一體となるなりといへるをいまよまざるか
  6. さればはやふたつにはあらず一體なり 神のあはせ給へる者は人これを離すべからず
  7. イエスにいひけるは されば離緣狀をあたへて妻をいだせとモーセが命ぜしはなにぞや
  8. 彼等にいひけるは モーセは爾曹なんぢらの心の不情つれなきよりて妻をいだすことをゆるしたるなり されど元始はじめ如此かくあらざりき
  9. われなんぢらにつげん もし姦淫のゆゑならでその妻をいだほかをんなめとる者は姦淫を行ふなり 又いだされたるをんなめとる者も姦淫を行ふなり
  10. 弟子たちイエスにいひけるは し人 妻においかくの如くばめとらざるにしか
  11. 彼等にいひけるは 此言このことばは人みな受納うけいるることあたはず たゞさづけられたる者のみこれなしうべし
  12. それ母の腹より生來うまれつきたる寺人じじんあり 又人にせられたる寺人じじんあり 又天國てんこくためみづからなれる寺人じじんあり これ受納うけいるることをうるものは受納うけいるべし

  13. そのとき人々イエスの手をつけて祈らんことをねが嬰兒をさなごを彼に携來つれきたりければ弟子これとゞめたり
  14. イエスいひけるは 嬰兒をさなごゆるせ 我にきたることをいましむるなか天國てんこくにをる者はかくの如き者なり
  15. すなはち彼等に手をつけこゝさり

  16. ある人きたりて彼にいひけるは 善師よきしわれかぎりなきいのちを得んがためにはなに善事よきことなすべきか
  17. 彼にいひけるは 何故なにゆゑわれをよきいふや 一人のほか善者よきものはなし すなはち神なり 生命いのちいらんとおもはゞいましめを守るべし
  18. 彼こたへけるは 何か イエスいひけるは 殺すなかれ 姦淫するなかれ 盗むなかいつはりのあかしたつなか
  19. なんぢの父と母を敬へ 又おのれの如くなんぢとなりを愛すべし
  20. 少者わかきものかれにいひけるは これみなわれいとけなきより守れるものなり なにかけたるところ我にある
  21. イエス彼にいひけるは まったからん事をおもはゞゆきなんぢ所有もちものうり貧者まづしきものほどこさすれば天においたからあらん しかしてきたり我に從へ
  22. 少者わかきものこのことばきゝうれさりぬ 彼の產業さんげふおほいなりければなり

  23. イエスその弟子にいひけるは 誠に爾曹なんぢらつげ富者とめるもの天國てんこくいることかた
  24. また爾曹なんぢらつげ富者とめるものの神の國にいるよりは駱駝らくだの針のあな穿とほるはかへっやす
  25. 弟子これきゝいたく驚きいひけるは さらたれすくひうくべき
  26. イエス彼等を見ていひけるは これ人にはあたはざる所なり されど神にはあたはざる所なし

  27. このときペテロこたへてイエスにいひけるは 我儕われら一切をすてなんぢに從へり されなにべき
  28. イエス彼等にいひけるは われまことに爾曹なんぢらつげん 我に從へる爾曹なんぢらは世あらたまり人の子榮光のくらゐする時 なんぢらも十二のくらゐしてイスラエルの十二の支派わかれさばくべし
  29. すべ我名わがなため家宅いへあるひは兄弟あるひは姉妹あるひは父あるひは母あるひは妻あるひは子あるひは田疇たはたすつる者は百倍をうけかつかぎりなきいのちつが
  30. おほくの先なる者は後になり後なる者は先になるべし


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |