新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 二 十 章



  1. それ天國てんこくは朝はやくいで葡萄園ぶだうばたけ工人はたらくひとやと主人あるじの如し
  2. 工人はたらくものには一日に銀一枚をあたへんと約束をなし彼等を葡萄園ぶだうばたけつかはせり
  3. また九時ごろいでちまたむなしたてる者を見て
  4. 爾曹なんぢら葡萄園ぶだうばたけにゆけ 相當さうたうあたひあたへんと彼等にいひければすなはゆけ
  5. また十二時と三時ごろいでて前の如くなせ
  6. 五時ごろいでて又ほかのたてる者にあひいひけるは 何ゆゑ終日ひねもすこゝにむなしたつ
  7. これこたへいひけるは 我儕われらやとふ者なきによりてなり 彼等にいひけるは 爾曹なんぢら葡萄園ぶだうばたけにゆけ 相當さうたうあたひべし
  8. 日暮ひくるるとき葡萄園ぶだうばたけ主人あるじその家宰いへつかさいひけるは 勞力はたらきたる者等ものどもよびのちやとへる者をはじめとし先の者まであたひはらへよ
  9. 五時ごろにやとはれし者どもきたりて銀一枚づゝをうけたり
  10. 先の者どもきたりて我儕われらは多くうくるならんとおもひしにまた銀一枚づゝをうく
  11. これをうけ主人あるじうらみつぶやきけるは
  12. この後至者のちのもの勞力はたらきたるは一時いちじばかりなるに終日ひねもすくるしみをおひあつさにあへ我儕われらひとしくこれをなせり
  13. 主人あるじその一人にこたへいひけるは 友よ われなんぢに不義をせず なんぢと銀一枚の約束をなしたるにあらずや
  14. なんぢのものをとりゆけ われまたこの後至者のちのものにもなんぢの如くあたふべし
  15. わが物をわがおもふ如くなすよからず わがよきよりなんぢの目あしき
  16. かくの如くのちの者は先に 先の者はのちになるべし それよばるゝ者は多しといへどえらばるゝ者はすくなし

  17. イエス ヱルサレムにのぼるとき途間みちにて人を離れ十二弟子を伴ひて彼等にいひけるは
  18. 我等ヱルサレムに上り人の子は祭司のをさと學者たちわたされん 彼等これを死罪に定め
  19. また凌辱なぶりむちうち十字架につけために異邦人にわたすべし 又第三日みっかめよみがへるべし

  20. その時ゼベダイの子等こたちの母 その子とともにイエスにきたり拜して彼にもとむることありければ
  21. これいひけるは 何をねがふか イエスにいひけるは この二人の我子わがこなんぢの國において一人はなんぢの右 一人はなんぢの左にすわることを命ぜよ
  22. イエスこたへいひけるは 爾曹なんぢらねがふところをしら爾曹なんぢらのまんとするさかづきをのみ又わがうけんとするバプテスマを受得うけうるや 彼等いひけるは よくすべし
  23. イエス彼等にいひけるは まこと爾曹なんぢらさかづきのみまたわがうくるバプテスマをうくべし されが右左にすわることはあたふべきにあらたゞわが父にそなへられたる者はあたへらるべし
  24. 十人の弟子これをきゝて二人の兄弟をいきどほれり
  25. イエス彼等をよびいひけるは 異邦の領主はその民をつかさどり大人おほいなるものどもは彼等の上に權をとる これ爾曹なんぢらしるところなり
  26. され爾曹なんぢらうちにてはしかすべからず 爾曹なんぢらのうちおほいならんとおもふ者は爾曹なんぢらつかはるゝ者となるべし
  27. また爾曹なんぢらのうちかしらたらんとおもふ者は爾曹なんぢらしもべとなるべし
  28. かくの如く人の子のきたるも人をつかためにはあらかへって人につかはれ又おほくの人にかはり生命いのちあたへそのあがなひとならんためなり

  29. 彼等ヱリコをいでし時おほくの人々イエスに從へり
  30. 二人の瞽者めしひみちかたはらすはりをりしが イエスのすぐるときゝ呼叫さけびいひけるは ダビデの しゅ我儕われらあはれみ給へ
  31. 衆人ひとびとこれにしづまれといましむれどもいよいよさけびいひけるは ダビデの しゅ我儕われらあはれみたまへ
  32. イエス立止たちどまりこれよびいひけるは 爾曹なんぢらわれに何をられんと願ふや
  33. イエスにいひけるは しゅ我儕われら目のひらかんことを願ふ
  34. イエスあはれみてその目に手をつければたゞちみることをイエスに從へり


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |