新約全書使徒ペテロ前書まへのふみ

第 二 章



  1. 是故このゆゑ爾曹なんぢらすべての怨恨うらみすべての詭譎いつはりまた僞善 娟嫉ねたみおよびすべて謗言そしりすて
  2. うまれし嬰兒をさなごちゝを慕ふ如く爾曹なんぢら心を養ふ眞乳まことのちゝを慕ふべし これより爾曹なんぢらそだちすくひに至らん
  3. なんぢらあぢはひてしゅめぐみある者としりたらんにはかくごとくすべし
  4. しゅは人にすてられ給へど神にえらばれたるたふと活石いけるいしなり
  5. 爾曹なんぢらかれにきた活石いけるいしの如くたてられてれいいへとなりまたきよき祭司となりイエスキリストによりて神によろこばるゝれい祭物そなへものさゝぐべし
  6. そは聖書にしるして われえらびし所のたふとすみ首石おやいしをシオンにおくことを信ずる者ははづかしめられじとあればなり
  7. この石 信ずる爾曹なんぢらにはたふとき物となり信ぜざる者には工師いへつくりすてられてすみ首石おやいしとなれる石となり
  8. またつまづく石 さまたぐる岩となるなり 彼等はことばを信ぜざるによりこれつまづは彼等かくさだめられたるなり
  9. 爾曹なんぢらえらばれたるやから 王なる祭司 聖民きよきたみ 神につける者なり 爾曹なんぢらをしてめし幽暗くらきよりいだその異光たへなるひかりいり給ひし者おのれの德をあらはさしめんため爾曹なんぢらかくの如き者となし給へるなり
  10. 爾曹なんぢらもと民にあらされど今神の民となる もと矜恤あはれみうけされど今矜恤あはれみうけたり

  11. 愛する者よ われ爾曹なんぢらに勸む 爾曹なんぢら賓旅たびゞとまた寄寓者やどれるものなれば靈魂たましひさからひて戰ふ肉の慾をさるべし
  12. 又なんぢら異邦人のうちあり善行よきおこなひなすべし これ爾曹なんぢらそしりて惡を行ふ者といへる異邦人をして爾曹なんぢら善行よきおこなひを見て眷顧かへりみたまふ日に神をあがめしめんためなり
  13. なんぢらしゅためすべての人のたつる所の者にしたがあるひかみにある王
  14. あるひは惡を行ふ者を罰し善を行ふ者をほむために王よりつかはされたる方伯つかさしたがふべし
  15. そはなんぢら善を行ふをおろかなる人の無知のことばとゞむるは神のむねなればなり
  16. なんぢら自由なる者の如くせよ されその自由をて惡をおほふことなく神のしもべごとくすべし
  17. すべての人を敬ひ兄弟を愛し神をおそれ王を尊ぶべし

  18. しもべなる者よ 畏懼おそれて主人にしたがふべし たゞ善良者よきもの柔和なる者にのみならず苛刻者なさけなきものにもしたがふべし
  19. 人もしうくべからざる苦難くるしみをうけ神を敬ひてこれを忍ばゞほむべき事なり
  20. 爾曹なんぢらもしあやまちをなしうたれてこれを忍ぶともなんほむべき事ならん されどし善をなしくるしめられてこれを忍ばゞ神に嘉稱ほまれべし
  21. 爾曹なんぢらめされたるはこれためなり そはキリスト爾曹なんぢらためくるしみをうけ爾曹なんぢらをしておのれの跡にしたがはしめんとてかた爾曹なんぢらのこし給へばなり
  22. かれ罪を犯さず又その口に詭譎いつはりなかりき
  23. かれのゝしられてのゝしらずくるしめられて厲言はげしきことばいださずたゞ義をさばく者にこれまかせたり
  24. かれ木の上にかゝり我儕われらの罪をみづかおのが身におひ給へり これ我儕われらをして罪にしにて義にいかしめんためなり 彼の鞭扑むちうたれしにより爾曹なんぢらいやされたり
  25. それ爾曹なんぢらはもと羊の如くまよひたりしが今なんぢらの靈魂たましひの牧者監督に歸れり


| 新約全書目次 | 彼前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |