新約全書使徒ペテロ前書まへのふみ

第 三 章



  1. 妻なる者よ 爾曹なんぢらそのをっとしたがふべし をしへしたがはざるをっとあらばをしへよらず妻のおこなひよりしたがはん
  2. そは爾曹なんぢら敬懼おそれきよおこなひをなすをみるよりてなり
  3. 爾曹なんぢら妝飾かざりかみくみ きんかけまたころもを着るが如き外面そと妝飾かざりあら
  4. たゞ心の内のかくれたる人すなはちくつることなき柔和恬靜おだやかなるれい妝飾かざりとすべし このれい妝飾かざりは神の前にて價貴あたひたかきものなり
  5. むかし神に依賴よりたのみし聖女きよきおんなそのをっとしたがひてかくの如くおのれかざりたり
  6. サラ アブラハムにしたがひてこれしゅとなへしが如し もしなんぢら善を行ひ何事をもおそれずばすなはちサラの子たるなり
  7. をっとたる者よ 爾曹なんぢらも妻をあつかふこと弱きうつはの如くしことわりしたがひてこれともをりこれを敬ふこと生命いのちめぐみつぐ者の如くすべし これなんぢらの祈禱いのり阻礙さまたげなからんためなり

  8. をはりわれこれをいは爾曹なんぢらみな心をおなじうしたがひ體恤おもひやり兄弟を愛しあはれ謙遜へりくだり
  9. 惡をて惡にむくゆなかのゝしりのゝしりむくゆなかかへっかくの如き人のためさいはひを求むべし そはなんぢらのめされたるもさいはひつがためなればなり
  10. それ生命いのちを愛してよき日を送らんとおもふ者は舌をおさへて惡をいはくちびるとぢ詭譎いつはりいはざらんことをせよ
  11. 惡をさけて善を行ひ和睦やはらぎもとめこれおふべし
  12. そはしゅの目は義人たゞしきひとの上にとゞまその耳は義人たゞしきひと祈禱いのりに傾きしゅかほは惡を行ふ者にむかひいかればなり
  13. 爾曹なんぢらもし熱心に善を行はゞたれ爾曹なんぢらそこなはん
  14. たとたゞしき事のためくるしめらるゝとも爾曹なんぢらさいはひなる者なり 人の爾曹なんぢら威嚇おどすおそるゝなかまたうれふなか
  15. なんぢら心のうちしゅなるキリストをあがむべし また爾曹なんぢらうちにあるのぞみ緣由ゆゑよしとふ人には柔和と畏懼おそれこたへをなさん事をつねそなへ
  16. かつこたふるときはよき良心に從ふべし これなんぢらを惡を行ふ者としひなんぢらがキリストにありて行ふ善行よきおこなひそしる者のみづかはぢためなり
  17. 爾曹なんぢらが善を行ふによりくるしみうくる事 神の意旨みこゝろならば惡を行ふによりくるしみうくるにまされり
  18. キリストも一次ひとたび罪によりくるしみを受く 義者たゞしきもの 不義者たゞしからざるものためにせり これ我儕われらひきて神にいたらんとてなり 彼その肉體はころさそのれいいかされたり
  19. 彼そのれいひとやにあるれい宣傳のべつたへたり
  20. このひとやにあるれいは昔ノア方舟はこぶねそなふる間 神のしのびまち給へるとき從はざりしれいなり この方舟はこぶねにいり水によりすくはれし者はわづかにしてたゞ八人なりき
  21. その水によりへうしたるバプテスマ イエスキリストの復生よみがへりよりて今我儕われらをも救ふ このバプテスマは肉體の汚穢けがれを除くにあらよき良心神を求むるなり
  22. イエスキリストは天にゆきて今神の右にせり もろもろ天使てんのつかひ 權威ある者 ちからある者みな彼にしたがふなり


| 新約全書目次 | 彼前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |