新約全書使徒ペテロ前書まへのふみ

第 四 章



  1. キリスト既に我儕われらために肉體に苦難くるしみうけ給ひたれば爾曹なんぢらまたその心をみづかよろふべし そは肉體にくるしみうけし者は罪をたちたればなり
  2. これ今よりのち人の慾にしたがはず神のむねしたがひて肉體にやどれる餘時のこりのときすごさためなり
  3. それ我儕われら既にすぎにし日は異邦人の心に從ひて好色、私慾、沈湎ちんめん醉興すゐきゃう、酒宴、偶像を祭る憎にくむべき事をおこなひもはたれ
  4. なんぢら彼等とともに放蕩のきはみはしらざるによりて彼等これをあやしみて爾曹なんぢらそしるなり
  5. かれら生者いけるもの死者しねるものさばかんとそなへなしをる者におのれの事をのべ
  6. 福音はしにし者に宣傳のべつたへたり そは彼等をしてその肉體は人により審判さばきうくるともそのれいは神により生命いのちを得しめんためなり
  7. 萬物よろづのもの末期をはりちかづけり 是故このゆゑつゝしみてみづから制することをなし祈禱いのりすべし
  8. 何事よりもまづたがひにあつあひ愛することをすべし そは愛はおほくの罪をおほへばなり
  9. なんぢらたがひおしむことなく接待すべし
  10. 神の各樣さまざまめぐみつかさどるよき家宰つかさの如く各人おのおのそのうけし所のたまものたがひほどこすべし
  11. 人もし道を語らば神のしめしおもひて語るべし 人もし服役つとめなさば神のたまちからおもひて服役つとめなすべし これイエスキリストにより毎事ことごとに神にさかえの歸せんためなり それさかえちからは神にして世々に至るなり アメン

  12. 愛する者よ 爾曹なんぢらを試むる火の如きくるしみ非常事つねならぬことの如くして爾曹なんぢらあやしとするなか
  13. かへりてキリストのくるしみあづかるを歡樂よろこびとすべし されそのさかえあらはれん時また爾曹なんぢら喜びおどらん
  14. もしなんぢらキリストの名のためそしられなばさいはひなり そはさかえみたますなはち神のみたまなんぢらの上にとゞまればなり キリストは彼等にけがされ爾曹なんぢらあがめらるゝなり
  15. 爾曹なんぢらうちあるひは人を殺しあるひぬすみをなしあるひは惡を行ひあるひみだりに人の事に干渉たちいりなどしてくるしみあふものあらざれ
  16. もしキリステアンたるによりくるしみあははづることなかかへりこれよりて神をあがむべし
  17. そは神の家をはじめとして世を審判さばきするときすでいたればなり 我儕われらなほはじめ審判さばきせらるゝ時は神の福音に從はざる者のその結局をはり如何いかにぞや
  18. もし義者たゞしきものからうじてすくはるゝを得ば神をうやまはざる者と罪人つみびと何處いづこたゝんや
  19. 是故このゆゑに神のむねしたがひてくるしみあふものは善を行ひてその靈魂たましひを信ずべき造物者ざうぶつしゃまかすべし


| 新約全書目次 | 彼前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |