新約全書使徒ペテロ前書まへのふみ

第 五 章



  1. キリストのくるしみしたしく見てあかしをなしかつあらはれんとするさかえあづかることを得る者なる長老ちゃうらうたるわれ なんぢらのうちにてわれおなじ長老ちゃうらうたる者に勸む
  2. 爾曹なんぢらうちにある神の羊のむれかへ これをかひつかさどるにやむを得ずしてなさこのみてなし利をむさぼるためになさたのしみてなすべし
  3. 又なんぢらまかせられたる者にしゅなるべからず 羊のむれのりなるべし
  4. なんぢら牧者のをさあらはれん時にくつることなきさかえ冠冕かんむりを得ん
  5. また幼者わかきものに勸む 爾曹なんぢら長老ちゃうらうしたがかつたがひにみな相服あひしたがひて謙遜をそれ神は驕傲者たかぶるものふせぎて謙遜者へりくだるものめぐみあたへ給ふなり
  6. 是故このゆゑ爾曹なんぢら神の大能たいのう手下てのしたおのれひくゝすべし とき至らば彼なんぢらをたかくせん
  7. 爾曹なんぢらその憂慮おもひわづらふところをみな神にゆだぬべし そはかれ爾曹なんぢらを顧みたまへばなり

  8. 謹愼つゝしめ 敞醒まもれ なんぢらのあだなる惡魔ほゆる獅子の如く徧行へめぐりのむべき者を尋ぬ
  9. なんぢら信仰をかたくしてこれふせそはなんぢら世にある兄弟のおなじこのくるしみうくるをしればなり
  10. すべて恩惠めぐみあたふる神すなはち爾曹なんぢらをしてしばらくるしみうくのちキリストイエスにあるかぎりなきさかえいらしめんとて爾曹なんぢらを招きし神 爾曹なんぢらまったうし堅くしつよくしてもとゐの上におき給ふべし
  11. ねがはくは榮光さかえ權力ちから世々神にあれ アメン

  12. われおもふにシルワノは忠信なる兄弟なり われすこしことばふみを彼にゆだ爾曹なんぢらおくりすゝめをなしかつなんぢらがたつところのめぐみすなはち神の眞恩まことのめぐみなることをあかしせり
  13. バビロンにある所の爾曹なんぢらと共にえらばれたる敎會なんぢらにやすきとふ また吾子わがこマコも爾曹なんぢらやすきとへ
  14. なんぢら愛の接吻くちつけたがひやすきをとへ ねがはくはキリストイエスにあるなんぢらすべて平康やすきあらん事を アメン

新約全書使徒彼得ペテロ前書まへのふみ をはり



| 新約全書目次 | 彼前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |