新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 三 章



  1. われ海の砂の上にたちて一匹のけものの海よりいづるを見たり これなゝつかしらとおつのあり そのつのの上にとおかんむりを戴きそのかしら僭妄せんばうの名をしるせり
  2. が見し所のけものその形はへうの如くその足は熊の足の如くその口は獅子しゝの口の如し たつおのれの能力ちから座位くらゐおほいなる權威をこれあたへたり
  3. われこのけものひとつかしら 傷をうけほとんしなんとするさまなるを見たり そのしなんとするさまなりし傷いえければ全世すべてのよの人これをあやしとして從へり
  4. たつその權威をけものあたへしによりて人々たつを拜し又そのけものを拜しいひけるは たれこのけものの如き者あらんや たれこれ交戰たゝかひをなしうるものあら
  5. このけもの夸大おほいなることけがこととをいふ口をあたへられ四十二しじふにケ月のあひだはたらきをなすべきけんあたへらる
  6. かれ口をひらきて神をけがその名とその幕屋および天にすむ者等ものどもけがせり
  7. かれ聖徒たちと戰ひこれかつことを許され又諸族、諸民、諸音しょいん、諸國をつかさどる權威をあたへられたり
  8. 地にすめすべての人すなはち世のはじめより殺され給ひしこひつじ生命いのちふみその名をしるされざる者等ものどもこのけものを拜せん
  9. 耳ある者はこれきくべし
  10. おほよそ人をとりこにする者はおのれまたとりこにせられ かたなにて人を殺す者はおのれまたかたなにて殺さるべし 聖徒の忍耐と信仰こゝあり

  11. われまた一匹のけものの地よりいづるを見たり これふたつつのありてこひつじつのの如し かつそのものいふ事たつの如し
  12. このけもの先のけものの前にて先のけものすべての權威をとり地とその上にすめる者をして 先にしなんとするさまなりし傷のいえたるけものを拜せしめたり
  13. またおほいなる奇徵しるしをなし人々の前にて火を天より地にくだ
  14. かつそのけんを得てけものまへに行ふ所の奇徵しるして地にすむ者を欺き彼等に語りて刀傷かたなきずうけてなほいけけものざうを作らしむ
  15. 彼このけものざう生命いのちあたこれをしてものいふことを得しめ又そのざうを拜せざる者をことごとこれころさしむるのちからあたへられたり
  16. かれ衆人ひとびとをして大小、貧富、自主、奴隷のわかちなくあるひは右の手あるひひたひ印誌しるしうけしむ
  17. 印誌しるしすなはちけものの名あらざる者あるひはその名のかずあらざる者はすべ貿易うりかひする事を得ざらしめたり
  18. このけもの數目かずめの義をしるものは智慧あり 才智ある者はこのけものかずかぞへけものかずは人のかずなり そのかずは六百六十六なり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |