新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 四 章



  1. われしにこひつじシオンの山にたて十四萬四千じふしまんしせんの人これともにあり 皆そのひたひこひつじの名およびこひつじの父の名をしるせり
  2. われ天より聲あるをきけおほくの水の聲の如くおほいなるいかづちの聲の如し きゝこの聲は琴をひく者の琴をひく琴のおとなり
  3. かれら新しき歌を寳座くらゐの前およびよつ生物いきもの長老等ちゃうらうたちの前に歌ふ この歌はあがなはるゝことを得て地よりきたれる十四萬四千人じふしまんしせんにんほか學得まなびうることなし
  4. 彼等は婦女をんなまじはりてその身をけがさざるきよき者なり かつこひつじゆくところ何處いづこにてもこれに從ふ 彼等は人のなかより贖出あがなひいだされたる者にて神とこひつじさゝげはじめなり
  5. その口謊言いつはりなし 彼等はきずなき者なり

  6. われまた一人の天使てんのつかひ穹蒼そらの中央をとぶを見たり かれ地にすむ者すなはち諸國、諸族、諸音しょいん、諸民に宣傳のべつたへため永遠かぎりなくある所の福音を携へ
  7. おほいなる聲にていひけるは 神をおそさかえこれせよ そは神の審判さばきし給ふとき既に至ればなり 天地てんち海及び水のみなもとを造り給ひし者を拜せよ
  8. また一人の天使てんのつかひそのあとに從ひゆきいひけるは おほいなるバビロンはたふれたり たふれたり 彼その姦淫によりふるいかりの酒を萬國の民にものましめたり
  9. 第三の天使てんのつかひかれらのあとに從ひゆきて大聲にいひけるは けものそのざうを拜しその印誌しるしひたひあるひは手にうくる者あらば
  10. 必ず神のいかりの酒をのますなはち神のいかりさかづきに物をまじへずしてつげる者なり またきよき天使てんのつかひたち及びこひつじの前にて火と硫磺いわうくるしめらるべし
  11. そのくるしめらるゝけぶり上にのぼりつくる時なし けものそのざうを拜する者またその名の印誌しるしうくる者は夜晝よるひる安からざるなり
  12. 神のいましめとイエスを信ずる信仰を保つ聖徒の忍耐こゝにあり
  13. われ天より聲ありてわれものいふをきけいはく なんぢこのことしるせ 今よりのちしゅありしねる死人はさいはひなり みたままたいふ しかり かれらはその勞苦はたらきやめやすまそのこうこれにしたがはんと

  14. われしにしろき雲あり その雲の上に人の子のごときものかしらきんかんむりを戴き手にとき鎌をもちせり
  15. また一人の天使てんのつかひ殿みやよりいでおほいなる聲にて雲の上にする者にいひけるは 刈時かりどきすでに至れり 地の穀物すでに熟したり なんぢの鎌をいれかれ
  16. 雲の上にする者その鎌を地にいれければ地の穀物刈取かりとられたり
  17. また一人の天使てんのつかひ天にある殿みやよりいづ かれもまたとき鎌をもて
  18. また一人の火をつかさどる權威をもて天使てんのつかひ祭壇まつりだんよりいで おほいなる聲にてとき鎌をもてる者にいひけるは 地の葡萄ぶだうすでに熟したり なんぢとき鎌をいれ葡萄ぶだうふさ刈斂かりあつめよ
  19. 天使てんのつかひその鎌を地にいれ地の葡萄ぶだう刈斂かりあつめて神のいかりおほいなるさかぶね投入なげいれたり
  20. まちの外にてこのさかぶねふみしに血さかぶねよりいでて馬のくつわとゞくほどに至りひろがれること七十五里しちじふごりに及べり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |