新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 六 章



  1. われまた殿みやよりおほいなる聲いでゝなゝつ天使てんのつかひに語るをきけいはゆきて神のいかりもれなゝつ金椀かなまりを地に傾けよ
  2. 第一の使者つかひゆきてその金椀かなまりを地に傾けゝればけもの印誌しるしある人とそのざうを拜する人とにあしくかつ苦痛の腫物しゅもついでたり
  3. 第二の使者つかひその金椀かなまりを海に傾けゝれば海はしにし者の血の如くなりて海にある活物いきものみなしにたり
  4. 第三の使者つかひその金椀かなまりかはおよび水のみなもとに傾けゝればその水みなかはりて血となれ
  5. われ水をつかさど天使てんのつかひひのいへこときけいはく いまいまむかいま聖主きよきしゅなんぢかくの如く審判さばきをなし給ふによりたゞしきなり
  6. なんぢ聖徒と預言者の血を流しゝ彼等に血をあたへのましむ 彼等はこれうくべき者なり
  7. われまた聲ありて祭壇まつりだんよりいづるをきけいはしかしゅたる全能の神よ なんぢ審判さばきたゞしくかつなり
  8. 第四だいし使者つかひその金椀かなまりを太陽の上に傾けゝれば太陽火をて人をやくちからあたへられたり
  9. 人々大熱だいねつやかれて此等これら災殃わざはひつかさどり給ふ神の名をのゝしかつ悔改くひあらためず神にさかえせざりき
  10. 第五の使者つかひその金椀かなまりけものの座の上に傾けゝればそのくらくなり人みな痛苦くるしみよりその舌をかみたり
  11. 又その痛苦くるしみ腫物しゅもつとのゆゑよりて天の神をのゝしおのおこなひ悔改くひあらためざりき
  12. 第六の使者つかひその金椀かなまり大河おほかはユフラテに傾けゝればその涸盡かれつきたり これ東方ひがしの諸王のみちそなへためなり
  13. われまたたつの口とけものの口及びいつはりの預言者の口よりかはづにたみつけがれたるれいいづるを見たり
  14. これは惡魔のれいなり ふしぎなるあとを行ひて全地の諸王にいたり彼等をして全能の神のおほいなる日のたゝかひあつまらしむ
  15. われ盜賊ぬすびとごとくしてきたらん 裸裎はだかにてある羞處はぢのところみらるゝことなからんために目をさまころもつけをる者はさいはひなり
  16. かのみつれい 諸王たちをヘブルのおんにてハルマゲドンとよぶ所にあつめたり
  17. 第七だいしち使者つかひその金椀かなまりを空中に傾けゝればおほいなる聲 天の殿みやうちなる寳座くらゐよりいでいひけるは 既になれ
  18. このとき許多おほくの聲迅雷いかづち閃電いなづままたおほいなる地震ありき 人の地にいでしより以來このかたかくの如きおほいなる地震ありし事なし
  19. おほいなるまちみつになり異邦人のもろもろまちたふれたり 神おほいなるバビロンを憶起おもひいだしてこれおのれはげしいかりの酒をもりたるさかづきあたへ給へり
  20. もろもろの島は遁去にげさりもろもろの山はみえなくなれ
  21. またおほいなるへう天より人々の上にふれへうごとに重さおほよそ一タラントあり 人々へうわざはひよりて神をのゝしれり そはこのわざはひはなはだしくおほいなればなり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |