新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 二 十 二 章



  1. 天使てんのつかひ生命いのちの水とかはわれに示せり その澄澈すきとほりて水晶の如し 神とこひつじ寳座くらゐよりいづ
  2. まちちまたなかおよびかはの左右に生命いのちあり 十二しなを結び一種ひとしなを月ごとに結ぶなり そのの葉は萬國の民をいやすべし
  3. かさね呪詛のろひあることなし 神とこひつじ寳座くらゐそこにありそのしもべこれにつかへ
  4. しもべども神のかほをみ神の名かれらのひたひあるべし
  5. 彼處かしこにはあることなくともしびの光と日の光とをもちゐることなし そはしゅなる神かれらをてらし給へばなり かれらは世々かぎりなく王たらん
  6. 天使てんのつかひまたわれいひけるは このことばは信ずべくして誠實まことなり 預言者の靈魂たましひの神なるしゅすみやかにならんとすることをその衆僕しもべどもに示すためにその使者つかひつかはせり
  7. われすみやかに至らん このふみの預言のことばを守る者はさいはひなり

  8. われヨハネ此等これらの事を見聞みきゝせり これ見聞みきゝせしときわれ此等これらの事を示せる天使てんのつかひ足下あしもと俯伏ひれふして拜せんとければ
  9. かれわれにいふ しかすべからず つゝしめよ われなんぢおなじしもべなり またなんぢの兄弟なる預言者及びこのふみことばを守る者とおなじしもべなり なんぢたゞ神を拜せよ
  10. 彼またわれいひけるは このふみの預言のことばを封ずることなかそは時近ければなり
  11. 不義者ふぎなるものは不義なるまゝにし穢者きたなきものきたなまゝにし義者ぎなるものは義なるまゝにし聖者きよきものきよまゝにせよ
  12. われすみやかに至らん 必ず應報むくいあり 各人おのおのの行ふ所にしたがひてこれむくゆべし
  13. われはアルパなりオメガなり 首先いやさきなり末後いやはてなり はじめなりをはりなり
  14. そのころもを洗ひし者はさいはひなり 彼等は生命いのちうくることをまたもんよりまちいることをべし
  15. 犬および魔術をなすもの 奸淫かんいんを行ふもの 人を殺すもの 偶像を拜する者 またすべ謊言いつはりこのみ虛妄いつはりを行ふ者はまちの外にをるなり
  16. われイエスわが使者つかひつかはしてこの事を爾曹なんぢら諸敎會にあかしわれはダビデの根またその苗裔すゑなり われは輝くあけ明星みゃうじゃうなり
  17. みたま新婦はなよめといふ きたれと これきく者もきたれといへ かわく者はきたるべし 願ふ者はあたひなしに生命いのちの水をのむべし
  18. われこのふみの預言のことばきく者にあかしをなす もしこのふみの預言のことばくはふる者あれば神このふみしるす所のわざはひこれに加へん
  19. もしこのふみの預言のことばを削る者あれば神これをしてこのふみしるす所の生命いのち聖城きよきまちとにあづかることなからしむ
  20. この事をあかしする者いひけるは われかならずすみやかに至らん アメン しゅイエスよ きたり給へ
  21. ねがはくはしゅイエスの恩寵めぐみすべての聖徒と共にあらんことを

新約全書約翰よはね默示錄 をはり



| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |