新 約 全 書 馬 可まこ 傳 福 音 書

第 二 章



  1. 數日すじつのちイエスまたカペナウムにきたりしに
  2. 彼のいへをることきこえければたゞちおほくの人々つどひきたりかどたつべき塲處ばしょさへもなき程なりき イエス彼等にをしへのぶ
  3. こゝ癱瘋ちゅうぶやみたる者を四人にかゝせイエスにきたれる者ありしが
  4. 群集によりて近づきがたかりければ彼のをるところの屋蓋やね取除とりのぞ癱瘋ちゅうぶの人をとこのまゝ縋下つりおろせり
  5. イエスその信仰を見て癱瘋ちゅうぶの人にいひけるは 子よ なんぢの罪ゆるされたり
  6. 數人すにんの學者こゝにをりしが心中こゝろのうちおもひけるは
  7. この人は何故なにゆゑかく惡口あくこういふか 神にあらずしてたれか罪をゆるすことを得ん
  8. イエスたゞちに彼等が心中こゝろのうちかくの如き事を論ずるをみづかその心にしりて彼等にいひけるは 爾曹なんぢらなんぞ心中こゝろのうちかゝる事を論ずる
  9. 癱瘋ちゅうぶの人になんぢの罪はゆるされたりといふおきなんぢとことりゆけいふいづやすき
  10. それ人の子 地にて罪をゆるすの權威あることを爾曹なんぢらしらせんとてつひ癱瘋ちゅうぶの人に
  11. われなんぢにつぐ おきてとことりなんぢの家に歸れといひければ
  12. その人たゞちにおきとこをとり衆人ひとびとの前にいづ 衆人ひとびとみなおどろき神をあがめいひけるは 我儕われらいまだかくの如きことを見しことなし

  13. イエスまた海邊うみべゆきしに人々みな彼にきたりければ是等これらを敎ふ
  14. こゝよりすゝみてアルパヨの子レビといふ者の稅吏みつぎとりの役所にけるを見て われに從へといひければ彼たちて從へり

  15. かくてイエスその家にて食する時おほくの稅吏みつぎとり 罪ある人々 イエス及び弟子と共にせり 是等これらの者許多おほくありてイエスに從ひぬ
  16. 學者とパリサイの人かれが稅吏みつぎとりおよび罪ある人と共に食するを見てその弟子にいひけるは なにゆゑ稅吏みつぎとり 罪ある人と共に食飮くひのみする
  17. イエスきゝて彼等にいひけるは 康强すこやかなる者は醫者いしゃたすけもとめたゞやまひある者これをもとむ わがきたりしは義人たゞしきひとまねくためにあらず 罪ある人をめし悔改くひあらためさせんがためなり

  18. ヨハネの弟子及びパリサイの人つねに斷食する事ありければ彼等イエスにきたりいひけるは ヨハネの弟子とパリサイの弟子は斷食するになんぢの弟子はなにゆゑ斷食せざる
  19. イエス彼等にいひけるは 新郞はなむこ朋友ともだちその新郞はなむこと共にをるうちに斷食することをべき かれら新郞はなむこと共にをるうちは斷食することを
  20. 將來のちかれら新郞はなむこをとらるゝ日きたらん その日には斷食すべきなり
  21. 新しき布を舊衣ふるきころもぬひつくる者あらじ しかせばそのあらたおぎなへるものふるきほころばしてそのやぶれかへってあしくなるべし
  22. またあたらしき酒をふる革嚢かはぶくろにいるゝ者あらじ しかせば新酒あたらしきさけそのふくろ破裂はりさきて酒もれいで革囊かはぶくろまたすたるべし 新酒あたらしきさけは新しき革囊かはぶくろいるべきものなり

  23. さてイエス安息日あんそくにちむぎはたけとほりしにその弟子あゆみつゝむぎの穗をつみはじめければ
  24. パリサイの人彼にいひけるは 彼等安息日あんそくにちまじき事をするは何故なにゆゑ
  25. イエスこたへけるは ダビデ及びともありし者のともしくしてうゑしときなしたる事をいまよまざる
  26. すなはち祭司のをさアビアタルのとき神殿かみのいへいりたゞ祭司のほかくらふまじき供物そなへもののパンをくらひかつともありし者にもあたへたり
  27. また彼等にいひけるは 安息日あんそくにちは人のためまうけられたる者にして人は安息日あんそくにちためまうけられたる者にあら
  28. されば人の子は安息日あんそくにちにもしゅたるなり


| 新約全書目次 | 可 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |