新 約 全 書 路 加るか 傳 福 音 書

第 四 章



  1. さてイエス聖靈にみたされてヨルダンより歸りみたまに導かれゆき
  2. 四十日しじふにち惡魔にこゝろみらる この諸日あひだなにをもくらは四十日しじふにちをはりてのちうゑたり
  3. 惡魔かれにいひけるは なんぢもし神の子ならばこの石に命じてパンとならせよ
  4. イエスこたへけるは 人はパンのみにていくる者にあらたゞ神のすべてことばよるしるされたり
  5. 惡魔また彼を高山たかきやまつれゆき一瞬間まばたきのまに天下の萬國を示して
  6. いひけるは このすべての權威と榮華をなんぢあたへわれこれを委任まかされたればこのむ者にこれあたふべし
  7. ゆゑもしわが前に拜跪ひれふさことごとなんぢものとならん
  8. イエスこたへけるは サタンよ わがうしろ退しりぞたゞしゅたるなんぢの神に拜跪ひれふしこれにのみつかふべしとしるされたり
  9. 惡魔またイエスをヱルサレムにつれゆき聖殿みやいたゞきたていひけるは なんぢもし神の子ならばこゝよりおのが身をなげ
  10. そは神その使者等つかひたちに命じてなんぢまもらせん
  11. なんぢが足の石にふれざるやう彼等手にてさゝふべしとしるさる
  12. イエスこたへけるは しゅたるなんぢの神を試むべからずといひおけり
  13. 惡魔この誘試こゝろみみなをはりしばらく彼をはなれたり
  14. イエス聖靈のちからてガリラヤにかへりしにその聲名きこえあまねく四方まはりの地に廣がりぬ
  15. かくて彼等が會堂にてをしへなしすべての人々にほまれを得たり

  16. その長育そだちし所なるナザレにきた常例いつもの如く安息日あんそくにちに會堂にいりて聖書をよまんとてたちければ
  17. 預言者イザヤのふみあたへしにイエスそのふみひらきかくしるされたる所を見出みいだせり
  18. しゅみたまわれにいまゆゑ貧者まづしきものに福音を宣傳のべつたへん事をわれあぶらそゝぎて任じ心のいためる者をいやし又囚人めしうどゆるさん事と瞽者めしひに見させん事を示し又壓制おさへらるゝ者をはな
  19. しゅ禧年よろこばしきとし宣播のべひろめんがためわれつかはせり
  20. イエスふみまきその役者かゝりのものあたへてしければ會堂にある者みな目をとめなせり
  21. イエス彼等にいひけるは このしるされたる事は今日こんにちなんぢらの前になれ
  22. みなかれを稱讃ほめその口よりいづる所の恩惠めぐみことばあやしいひけるは はヨセフの子にあらず
  23. イエス彼等にいひけるは 爾曹なんぢらかならずわれことわざひきて 醫者みづからをいや我儕われらきゝし所のカペナウンにてなしし事を自己みづから家鄕ふるさとなるこのところにもなすべしといは
  24. またいひけるは われまことに爾曹なんぢらつげん 預言者その家鄕ふるさとにては敬重たふとまるゝ者にあら
  25. われまこと爾曹なんぢらつげん エリヤの時三年とろくヶ月天とぢて徧地くにじゅうおほいなる饑饉きゝんなりしその時イスラエルのうちおほくやもめありしかど
  26. エリヤはその一人へだにつかはされずたゞシドンなるサレパタの一人のやもめつかはされたり
  27. また預言者エリシヤの時にイスラエルのうちおほく癩者らいびゃうにんありしかどその一人だにきよめられずたゞスリヤのナーマンのみきよめられたり
  28. 會堂にありし者これをきゝおほいいきどほり
  29. たってイエスをまちそといだ投下なげおろさんとてそのまちたちたる山のがけにまで曳往ひきゆけ
  30. しかるにイエス彼等のなか徑行とほりさり
  31. ガリラヤのカペナウンといへまちに至りて安息日あんそくにちごとに衆人ひとびとをしへしに
  32. そのことば權威ありければ衆人ひとびとそのをしへに驚けり

  33. 會堂にけがれたる鬼のれいつかれたる人あり 大聲に喊叫さけびいひけるは
  34. あゝナザレのイエスよ 我儕われらなんぢとなにかゝはりあらんや なんぢきたりて我儕われらほろぼすか われなんぢはたれなるしる すなはち神の聖なる者なり
  35. イエスこれせめいひけるは 聲をいだすことなか其處そこいで惡鬼あくきつひにその人を衆人ひとびとうちたふそこなはずしていづ
  36. 衆人ひとびとみな驚きたがひかたりいひけるは 權威と能力ちからもちけがれたる鬼に命ぜしかば出去いでされこれいかなることばぞや
  37. こゝおいてイエスの聲名きこえあまねこの四方まはりの地にひろがりぬ

  38. イエス會堂をいでてシモンの家にいりしにシモンの妻母しうとめおもき熱病をわづらたりき
  39. 衆人ひとびとこれためにイエスにねがひければそのかたはらたちて熱をせめしに熱退しりぞけり をんなたゞちおきて彼等につかへたり
  40. 日のいるとき各樣さまざまやまひわづらひたる者をもてる人々皆それをイエスに携來つれきたりければ一々いちいちその上に手をおきいやせり
  41. 惡鬼あくきまたおほくの人々をいでさり喊叫さけびなんぢは神の子キリストなりいへしかるこれせめものいふ事をゆるさざりき 惡鬼あくきそのキリストなるをしれなり
  42. 明旦あくるあさイエスいでて人なきところゆきければ衆人ひとびと尋來たづねきたりその離去さりゆくとゞ
  43. イエスいひけるは われほか鄕村むらむらにも神の國の福音を宣傳のべつたへざるを得ず そはわれこれためつかはさるればなり
  44. かくてガリラヤの諸會堂にてみち宣傳のべつたへたり


| 新約全書目次 | 路 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 總目次 |