新 約 全 書 路 加るか 傳 福 音 書

第 二 十 三 章



  1. 衆人ひとびとみなたちてイエスをピラトにつれゆき
  2. これうったへいひけるは 我儕われらこの人が民をまどはみつぎをカイザルにをさむることをこばみづから王なるキリストととなふるを見たり
  3. ピラト イエスにとふいひけるは なんぢはユダヤびとの王なるか こたへけるは なんぢいへる如し
  4. ピラト祭司の長等をさたち衆人ひとびといひけるは われこの人において罪あるを見ず
  5. 彼等ますます極力はげみいひけるは 彼はガリラヤよりはじめあまねくユダヤを敎へ此處このところまできたりて民を亂せり
  6. ピラト ガリラヤときゝこの人はガリラヤびとなるとひ
  7. そのヘロデの所管しはいなるをしりこれをヘロデにおくこの時ヘロデもヱルサレムにありしが
  8. イエスを見てはなはだ喜べり そは各樣さまざまなる彼が風聲うはさきゝひさしこれを見んことをおもまたその奇異ふしぎなるわざを見んとのぞみゐたればなり
  9. 是故このゆゑ多言おほくのことばとひけれどもイエスなにをもこたへざりき
  10. 祭司のをさ 學者たちかたはらたちしきりに彼をうったへ
  11. ヘロデその士卒しそつと共に彼を藐視かろしめ嘲弄して華服うるはしきころもまたピラトにおくれり
  12. ピラトとヘロデ先にはあだたりしが當日このひたがひにしたしみなせ

  13. ピラト祭司のをさ 有司つかさおよび民等たみどもよびあつめて
  14. いひけるは 爾曹なんぢらこの人をわれ携來つれきたりて民を亂したる者なりとせり われなんぢらがうったふる所を爾曹なんぢらの前にさばけどもその罪あるを見ず
  15. ヘロデもまたしか爾曹なんぢらをヘロデにつかはせど彼もイエスがせし事の死罪にあたるを見ざりき
  16. ゆゑにわれむちうちてこれゆるさん
  17. そはこの節期いはひに必ず一人をゆるすことあればなり
  18. 彼等みな一齊ひとしくよばはりて この人を除きバラバを我儕われらゆるせといふ
  19. 彼は城下に一揆いっきおこし人を殺してひとやいりし者なり
  20. ゆゑにピラトはイエスをゆるさんとおもまたかれらにいひしかど
  21. かれらばゝりて これを十字架につけよ 十字架につけよといふ
  22. ピラト三次みたびいひけるは 彼はなにの惡事をしや われいまだ彼の死罪あるを見ざればむちうちてゆるさん
  23. 彼等はげしく聲をたてゝ彼を十字架につけんと言募いひつのれり つひに彼等と祭司のをさの聲かちたり
  24. ピラトそのねがひの如くさだめ
  25. 彼等がねがへ一揆いっきおこし人を殺してひとやいりたる者をゆるそのこゝろまかせてイエスをわたせり
  26. 彼等イエスを曳往ひきゆくとき田間いなかより出來いできたれるクレネのシモンといへる者をとらそれに十字架をおはせてイエスに從はせたり
  27. おほくの民および婦等をんなたちも從ふ 婦等をんなたちは彼を哭哀なきかなしめり
  28. イエス彼等をかへりみいひけるは ヱルサレムの女子むすめ我爲わがためなくなかれ たゞおのれとおのが子のためなけ
  29. うまざる者 いまだはらまざるのたい いまだのませざるのちゝさいはひなりといはん日きたらん
  30. 當時そのとき人々山にむかひ我儕われらの上にたふれおかむかひ我儕われらおほへといは
  31. もし靑木あをきにさへ如此かくなさば枯木かれき如何いかゞせられん

  32. ほかに二人の罪人つみびとをイエスとともに死罪におこなはんとて曳往ひきゆけ
  33. 彼等クラニオンといへる所に至りてこゝにイエス及び罪人つみびとを十字架につけぬ 一人をイエスの右 一人を左におく
  34. イエスいひけるは 父よ 彼等をゆるし給へ そのなすところをしらざるがゆゑなり 彼等くじをしてイエスの衣服をわか
  35. 人々たちてイエスを見たり 有司やくにんまた嘲哂あざわらふていひけるは 彼は他人を救へり もしキリスト神のえらびたる者ならば自己みづからすくふべし
  36. 兵卒もまたかれを嘲弄しきたり酢をあたへ
  37. なんぢもしユダヤびとの王ならば自己みづからを救へといへ
  38. 又ギリシヤ ロマ ヘブルの文字にてこれはユダヤびとの王なりとかけ罪標すてふだその上にたてたり

  39. かけられたる罪人の一人イエスをそしりいひけるは なんぢもしキリストならばおのれ我儕われらを救へ
  40. ほかの一人こたへて彼をいましいひけるは なんぢおなじく審判さばきうけながら神をおそれざる
  41. 我儕われらは當然なり せし事のむくいうくるなれどこの人はなに不是事よからぬことなさざりしなり
  42. かくてイエスにいひけるは しゅ爾國みくにきたらん時われおもひたまへ
  43. イエスこたへけるは まことわれなんぢにつげ今日けふなんぢはわれとも樂園パラダイスをるべし

  44. おほよそ十二時ごろより三時にいたるまであまねく地のうへ黑暗くらやみれり
  45. 日光ひのひかりくらみ殿みやの内のまく 眞中もなかよりさけたり
  46. イエス大聲によばゝいひけるは 父よ わがたましひなんぢの手にあづ如此かくいひていき絕ゆ
  47. 百夫ひゃくにんかしらこのなりし事を見て神を崇めいひけるは まことこの人は義人なりき
  48. これんとてあつまれる衆人ひとびとみなこのありし事等ことどもを見てむねうちて返れり
  49. イエスの相識しるべの人々およびガリラヤよりしたがひしをんなども遠くたち此等これらの事を見たり

  50. 議員たるヨセフといへる善かつ義なる人あり
  51. 彼等の評議と行爲しわざうけがはざりき これはユダヤのアリマタヤのむらの人にて神の國をまてる者なり
  52. この人ピラトにゆきイエスのしかばねこひ
  53. これ取下とりおろし布にてつゝみいまだ人をはうむりし事なき石のほりたる墓におけ
  54. この日は備節日そなへびなり かつ安息日あんそくにちちかづきぬ
  55. ガリラヤよりイエスとともきたりしをんなたちあとしたがひてその墓としかばねおかれたるさまを見たり
  56. 彼等かへりて香物かうもつ香膏にほひあぶらとゝのおきいましめに從ひ安息日あんそくにちを休めり


| 新約全書目次 | 路 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 總目次 |