新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 五 章



  1. 厥後そのゝちユダヤびと節筵いはひありければイエス ヱルサレムにのぼれり
  2. ヱルサレムの羊門ひつじもんほとりにヘブルの方言ことばにてベテスダといふ池あり この池にいつゝらうあり
  3. その中に病者やめるもの瞽者めしひ跛者あしなへまたおとろへたる者など多くふしゐて水のうごくまて
  4. そは天の使つかひ時々をりをり池にくだりて水をうごかす事あり 水のうごけるのちさきだちて池にいりし者はなにやまひによらずいえたり
  5. 三十八年やみたる者一人かしこにあり
  6. イエス彼がふしをるを見てそのやまひひさしきしりこれにいひけるは いえんことをねがふや
  7. やめる者こたへけるは しゅよ 水のうごけるときわれたすけて池にいるる人なし われいらんとする時はほかの人くだりてわれより先にいる
  8. イエス彼にいひけるは きよ とこ取収とりあげあゆ
  9. その人立刻たちどころいえすなはちとこ取収とりあげあゆめり この日は安息日あんそくにちなりき
  10. ユダヤびといえし者にいひけるは 今日は安息日あんそくにちなればなんぢとこ取収とりあぐるよろしからず
  11. 彼等にこたへけるは われいやしゝ者われにとこ取収とりあげあゆめといへ
  12. かれらたづねけるは なんぢとこ取収とりあげあゆめといひし人はたれなるぞ
  13. いえし者そのたれなるかをしらざりき そはかしこにおほくの人をりしゆゑイエスさけたればなり
  14. 厥後そのゝちイエス殿みやにてその人にあひいひけるは なんぢすでにいえたり また罪ををかすことなかおそらくはさきまされ災禍わざはひなんぢにかゝら
  15. その人ゆきてユダヤびとおのれいやしゝ者はイエスなりとつぐ
  16. こゝおいてユダヤびとイエスを窘迫せめて殺さんとはかそはかれがこの事をしは安息日あんそくにちなりければなり
  17. イエス彼等にこたへけるは わが父は今に至るまで働き給ふ われもまた働くなり
  18. これりてユダヤびといよいよイエスを殺さんとはかる そは安息日あんそくにちを犯すのみならず神をおのれが父といひおのれを神とひとしくすればなり
  19. 是故このゆゑにイエス彼等にこたへいひけるは まことまこと爾曹なんぢらつげん 子は父の行ふ事を見て行ふのほかは何事をも行ふことあたはそはすべて父の行ふ事を子もまた行へばなり
  20. 父は子を愛してすべおのれの行ふ所の事を彼に示す 爾曹なんぢらをしてあやしましめんためにかの事等ことゞもより更におほいなる事を彼に示さん
  21. そは父のしにし者をよみがへらせていかしむるが如く子もおのれこゝろに從ひて人をいかしむべし
  22. それ父はたれをもさばか審判さばきすべて子にゆだねたり
  23. これすべての人をして父を敬ふ如く子をも敬はしめんがためなり 子を敬はざる者はこれつかはしゝ父を敬はず
  24. まことまこと爾曹なんぢらつげわがことばをきゝわれつかはしゝ者を信ずる者は永生かぎりなきいのちもちかつ審判さばきに至らず死よりいのちうつれり
  25. まことまこと爾曹なんぢらつげしにし者神の子の聲をきくとききたらん 今その時になれり これきく者はいくべし
  26. その父はみづかいのちたもてその如く子にもたまひみづかいのちたもたせたり
  27. また人の子たるによりこれ審判さばきするの權威をたまへり
  28. これあやしすることなかれ そは墓にある者みなその聲をきゝいづるとききたらんとすればなり
  29. よき事をなしし者はいのちうるよみがへあしき事をなしし者は審判さばきを得るによみがへるべし
  30. われ何事をもみづから行ふ事あたはきくところにしたがひて審判さばきわが審判さばき公平たゞし そはわれわがむねを行ふ事をもとめわれつかはしゝ父のむねを行ふことをもとむればなり
  31. もしわが事をわれみづからあかしせばわがあかしまことならず
  32. ほかわが事をあかしする者あり われそのわが事をあかしするあかしまことなるをしる
  33. なんぢらさきに人をヨハネにつかはしゝに彼眞理まことためあかしなせ
  34. されどわれ人のあかしうけこの事をいふ爾曹なんぢらすくはれんがためなり
  35. ヨハネはともして光れるともしびなり 爾曹なんぢらこのみてしばらその光を喜べり
  36. われはヨハネよりおほいなるあかしあり そは父のわれたまひ成遂なしとげしむるわざすなはちわが行ふ所の事はこれ父のわれつかはしゝことをあかしすればなり
  37. かつわれをつかはしゝ父もわがことをあかしせり 爾曹なんぢらいまだその聲をきかいまその形を見ず
  38. そのことば爾曹なんぢらの心にとまらざりき そはなんぢらそのつかはしゝ者を信ぜざるによりしらるゝなり
  39. なんぢら聖書に永生かぎりなきいのちありとおもひこれ探索しらぶ この聖書はわれについてあかしする者なり
  40. 爾曹なんぢらわがもといのちを得んがためきたるをこのま
  41. われ人のあがめうけ
  42. われ爾曹なんぢらしる なんじらはその心に神を愛するの愛あらざるなり
  43. われわが父の名によりきたりしに爾曹なんぢらわれをうけず もしほかの人おのが名によりきたら爾曹なんぢらこれをうけ
  44. 爾曹なんぢらたがひに人のあがめうけて神よりいづあがめもとめざる者なるにいかよく信ずることを得んや
  45. 爾曹なんぢらを父にうったふる者とわれおもなか爾曹なんぢらうったふるもの一人あり すなは爾曹なんぢらたのむところのモーセなり
  46. もしモーセを信ぜばわれを信ずべし そはモーセわが事をしるしたればなり
  47. もしモーセのしるしゝ事を信ぜずばいかわがいひしことを信ぜんや


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |