新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 十 二 章



  1. 逾越すぎこしいはひの六日前イエス ベタニヤに至る 此處こゝすなはしによみがへりしラザロのをる所なり
  2. こゝおいある人々このところにてイエスに筵席ふるまひまうく マルタ給仕をなせり ラザロもイエスとともせる者のうちの一人なり
  3. マリアは眞正まことのナルダなるあたひたかき香膏にほひあぶら一斤いっきん携來もちきたりてイエスの足にぬりまたおの頭髪かしらのけにてその足をぬぐへり あぶらのにほひあまね室内いへのうち滿みて
  4. その弟子の一人なるイスカリオテのユダすなはちイエスをわたさんとする者いひけるは
  5. この香膏にほひあぶらなんぞ銀三百にうり貧者まづしきものに施さゞる
  6. 彼が如此かくいへるは貧者まづしきものおもふあら竊者ぬすびとにてかつ金囊かねいれもちそのうちいりたる物を奪ふ者なればなり
  7. イエスいひけるは 彼にかゝはなかれ わがはうむりの日のためこれたくはへたり
  8. 貧者まづしきものは常に爾曹なんぢらともあれわれは常に爾曹なんぢらともあら
  9. おほくのユダヤびとイエスがこゝをるしりきたたゞにイエスのためのみにあらまたその死よりよみがへらしゝ所のラザロをも見んとおもへるなり
  10. 祭司の長等をさたちラザロをも殺さんとはか
  11. そはラザロのことよりおほくのユダヤびとゆきてイエスを信ずるがゆゑなり

  12. 明日あくるひおほくの人々節筵いはひきたりイエスのヱルサレムにきたらんとするをきゝ
  13. 椶櫚しゅろの葉をとり ゆきて彼をむかへ ホザナよ しゅの名によりきたるイスラエルの王はさいはひなりとよばゝれり
  14. イエス驢馬ろばの子を得てこれのる
  15. しるして シオンのむすめおそるゝなかなんぢの王は驢馬ろばの子にのりきたるとあるが如し
  16. 弟子たちはじめ此事このことさとらざりしがイエスのさかえうけのちに彼等此事このことの彼についてしるされまたその事を人々彼に行ひたりしを憶起おもひいだせり
  17. イエスのラザロを墓より呼出よびいだしてよみがへらしゝ時かれとともをりし者どもあかしなせ
  18. この休徵しるしなししことをきゝしによりて人々彼をむかへたるなり
  19. こゝおいてパリサイの人たがひにいひけるは 爾曹なんぢらはかる所のえきなきをしらずや 見よ 世は皆かれに從へり

  20. 禮拜をがみのため節筵いはひのぼれる者のうちにギリシヤの人あり
  21. 彼等ガリラヤのベテサイダの人なるピリポにきたこひいひけるは きみ我儕われらイエスにまみえんことをねが
  22. ピリポきたりてアンデレにつぐ アンデレまたピリポとともにイエスにつぐ
  23. イエス彼等にこたへいひけるは 人の子さかえうくべき時いたれり
  24. まことまこと爾曹なんぢらつげん 一粒の麥もし地におちしなずば唯一たゞひとつにてあらん もししなおほくを結ぶべし
  25. その生命いのちをしむ者はこれうしなその生命いのちをしまざる者はこれたもち永生かぎりなきいのちに至るべし
  26. 人もしわれつかへんとせばわれに從ふべし われつかふる者はわがをる所にをらん 人もしわれつかふればわが父はこれたふとぶべし
  27. 今わが心うれへいためり なにいはんや 父よ この時よりわれすくひたまへといはんか いな これがためわれこの時に至れるなり
  28. ねがはくは父よ なんぢの名のさかえあらはこのとき天より聲ありていふ われそのさかえを既にあらはまたこれをあらはすべし
  29. かたはらたてる人々これをきゝて雷なれりといふ ある人は天の使者つかひかれに語れるなりいへ
  30. イエスこたへいひけるは この聲はわがためにあら爾曹なんぢらためなり
  31. 斯世このよはいま審判さばきせらる 斯世このよぬしはいま逐出おひいださるべし
  32. われもし地よりあげられなば萬民ばんみんひきわれきたらせん
  33. 如此かくイエスのいへるはその如何いかなるさまにてしなんとするを示せるなり
  34. 人々かれにこたへいひけるは 我儕われら律法おきてにてキリストはかぎりなくをる者なりときゝしになんぢ人の子かならずあげられんといふなんぞや この人の子とはたれなる
  35. イエス彼等にいひけるは なほ片時しばらくのあひだ光なんぢらとともにあり 光あるうちあるきくらき追及おひつかれざるやうくらきあるく者はそのゆくべきかたしら
  36. なんぢら光の子となるべきために光のあるうちに光を信ぜよ イエスこれ言畢いひをはり彼等をさけかくれたり

  37. イエス彼等の前に如此かくおほくの休徵しるしなしたれどもなほかれを信ぜざりき
  38. これは預言者イザヤがいひしこと我儕われらつげことを信ぜし者はたれぞや しゅの手はたれあらはれしあるかなへり
  39. イザヤまたいふ 彼等目にて見こゝろにて悟り改めていやさるゝことを得ざらんがために彼その目をくらくその心を頑梗にぶくせりと
  40. 此故このゆゑに彼等信ずることあたは
  41. イザヤは彼のさかえを見しにより彼につい如此かくは語れるなり
  42. され有司等つかさたちうちに多く彼を信ぜし者もありしがパリサイの人をおそれあらはに信ずるといはざりき その會堂よりしりぞけられんことをおそれたるによる
  43. これ彼等は神のほまれより人のほまれこのめるなり

  44. イエスよばはいひけるは われを信ずる者はわれを信ずるにあらわれつかはしゝ者を信ずるなり
  45. 又われをみる者はわれつかはしゝ者をみるなり
  46. われは光にして世にきたれり すべわれを信ずる者をしてくらきをらざらしめんためなり
  47. 人もしことばきゝて守らざるともこれをさばかず わがきたりしは世をさばかんためにあらず 世をすくはんためなり
  48. われすてわがことばいれざる者を審判さばく者あり すなはわがいひしことばをはりの日これを審判さばきすべし
  49. そはわれおのれよりいふあらわれつかはしゝ父わがいふべきことわがかたるべきことを命じ給へるなり
  50. その命じ給ふ所はすなは永生かぎりなきいのちなるをわれしる 是故このゆゑわがいふ所は父のつげ給ふまゝにいへるなり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |