新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 十 八 章



  1. イエスこの事をいひのちその弟子とともいでてケデロンの河をわたりそのところにあるそのうちに弟子とともいり
  2. イエスをわたしたるユダ此處このところしれり イエスしばしばその弟子とともこゝあつまりたればなり
  3. この時ユダ一隊ひとくみの兵卒と下吏したやくどもを祭司の長等をさたちおよびパリサイの人よりうけたいまつ提灯てうちんと兵器をたづさへこゝきたれり
  4. イエス事のおのれおよばんとするをことごとしり いでゝ彼等にいひけるは たれたづぬるか
  5. 彼等こたへけるは ナザレのイエスなり イエス彼等にいひけるは われそれなり イエスをわたしゝユダ彼等とともたて
  6. イエス彼等にむかひわれなりといひたまへる時かれら退しりぞきて地にたふれたり
  7. イエスまた彼等にたれたづぬとひたまひしかば彼等ナザレのイエスなりいふ
  8. イエスこたへけるは われすでに爾曹なんぢらわれそれなりといへもしわれをたづぬるならばこのともがらゆるしさらしめよ
  9. これイエスわれたまひし者のうち一人だにほろぶる者なしといひことかなはせんためなり
  10. 時にシモンペテロつるぎおびたりしがこれぬきて祭司のをさしもべうちその右の耳をきりおとせり しもべの名はマルコスといふ
  11. イエス ペテロにいひけるは つるぎさやをさめよ 父のわれたまひさかづきわれのまざらん
  12. かくくみの兵卒およびそのかしらとユダヤびと下吏したやくイエスをとらしばりて
  13. まづこれをアンナスのもと曳往つれゆく かれは此歳このとしの祭司のをさカヤパの外舅しうとなるによりてなり
  14. ユダヤびとはかり一人ひとりたみためしぬるはえきなりといひしはこのカヤパなりき
  15. シモンペテロとほかに一人の弟子イエスに從へり この一人の弟子は祭司のをさしるところの者にてイエスとともに祭司のをさの庭にいり
  16. ペテロは門外かどのそとたてり 祭司のをさしるところの弟子いでもんを守るしもめつげてペテロをともなひいる
  17. こゝおいもんを守るしもめペテロにいひけるは なんぢこの人の弟子の一人ならず ペテロしからずといふ
  18. 僕等しもべども下吏したやくたちさむきよりて炭をたきそのところたちあたゝまる ペテロも彼等とともたちあたゝまれり
  19. 祭司のをさイエスにその弟子とそのをしへのことをたづ
  20. イエス彼にこたへけるは われあらはに世に語れり われつねにユダヤびと平生へいぜいあつまる所なる會堂および殿みやにて敎誨をしへをなしひそかに語れる事なし
  21. なんわれたづぬ われ如何いかにかたりしかきける者にたづねよ 彼等わがいひし所をしれ
  22. イエス如此かくいひしにかたはらたてる一人の下吏したやくてのひらにて彼をうちいひけるは なんぢ祭司のをさこたふるにかくごとき
  23. イエス彼にこたへけるは もしわがかたりしことよからずばそのよからざるをあかしせよ よくなんわれうつ
  24. さてアンナス イエスをしばりて祭司のをさカヤパのもとおくれり
  25. シモンペテロたちあたゝまをりしがある人々いひけるは なんぢも彼の弟子の一人ならず ペテロうけがはずしてしからずといへ
  26. 祭司のをさしもべうちの一人すなはちペテロに耳をそがれし者の親戚いひけるは われなんぢが彼とともそのありしを見しにあらずや
  27. ペテロまたうけがはず やがにはとりなきぬ

  28. 人々イエスをひきてカヤパより公廳やくしょゆけり 時すでに平旦よあけなりき 彼等汚穢けがれうけんことをおそれ公廳やくしょいらそは踰越すぎこし節筵いはひしょくせんとすればなり
  29. ピラトいでて彼等にいひけるは 如何いかなるうったへをもて斯人このひとうったふるや
  30. 人々こたへけるは 彼もし惡をなせる者にあらずばなんぢわたさじ
  31. ピラト彼等にいひけるは 爾曹なんぢらこれをとりなんぢらの律法おきてに從ひて審判さばきせよ ユダヤの人々かれにいひけるは 我儕われらに人を殺すのちからなし
  32. これイエスのそのしなんとするありさまさして語れることにかなへり
  33. ピラトまた公廳やくしょいりイエスをよびいひけるは なんぢはユダヤびとの王なるや
  34. イエス彼にこたへけるは なんぢこの事をいへるは自己みづからよるわれついて人のつげしによる
  35. ピラトこたへけるは われはユダヤびとならんや なんぢの國の民と祭司のをさなんぢわれわたせり なんぢなにをなししや
  36. イエスこたへけるは わが國はこの世の國にあらもしわが國この世の國ならばわがしもべわれをユダヤびとわたさゞるために戰ふべし されわが國は此世このよの國ならざるなり
  37. ピラト彼にいひけるは されなんぢは王なるか イエスこたへけるは なんぢいふところの如くわれは王なり われこれがためうまれこれがために世にきたれり そは眞理まことについてあかしなさんためなり すべて眞理まことつく者はわが聲をきく
  38. ピラト彼にいひけるは 眞理まこと如何いかなる者ぞ この事をいへのちまたいでてユダヤびといひけるは われこの人に罪あるを見ず
  39. こゝ爾曹なんぢらひとつの例あり われ踰越すぎこしいはひに一人の囚人めしうど爾曹なんぢらゆる爾曹なんぢらユダヤびとの王をゆるさん事をねがふや
  40. 衆人ひとびとまた喊叫さけびいひけるは この人にあらず バラバをゆるせ バラバは盜賊ぬすびとなるなり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |