新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 十 九 章



  1. その時ピラト イエスをとりむちう
  2. 兵卒どもいばらにてかんむりあみかれのかうべかぶらしめ又むらさきうはぎせて
  3. いひけるは ユダヤびとの王 やすかれ かくてのひらにてこれうて
  4. ピラトまた外にいでて彼等にいひけるは われかれについて罪あるを見ず これしらせんとて爾曹なんぢら曳出ひきいだせり
  5. イエスいばらかんむりをかぶりむらさきうはぎて外にいづ ピラト彼等にいひけるは これその人なり
  6. 祭司の長等をさたち下吏したやくこれを見て 十字架につけよ 十字架につけよと喊叫さけびいふ ピラト彼等にいひけるは 爾曹なんぢらかれをとりて十字架につけわれかれについて罪あるを見ざるなり
  7. ユダヤびとかれにこたへけるは 我儕われら律法おきてあり その律法おきてに從へば彼はしぬべき者なり そはかれ自己みづからを神の子となせばなり
  8. ピラトこのことばきゝますますおそ
  9. また公廳やくしょいりてイエスにいひけるは なんぢ何處いづこの者ぞ イエスこたへせざりき
  10. ピラト彼にいひけるは われこたへざるか われなんぢを十字架につくる權威あり またなんぢをゆるす權威あり この事をしらざる
  11. イエスこたへけるは なんぢ上より權威をたまはらずばわれむかひて權威ある事なし 是故このゆゑわれなんぢわたしゝ者の罪もっとおほいなり
  12. 此後このゝちピラト彼をゆるさんとはかしかれどもユダヤびとさけびいひけるは もしこれをゆるさばカイザルに忠臣ならず すべ自己みづからを王となす者はカイザルにそむく者なり
  13. ピラトこのことばきゝてイエスを曳出ひきいだ鋪石しきいしいへる所 ヘブルのことばにてとけばガバタといふところの審判さばきみづかすわれり
  14. その日は踰越節すぎこしのいはひ備日そなへびにて時はおほよそ十二時ごろなりき ピラト ユダヤびといひけるは 爾曹なんぢらの王を見よ
  15. かれら喊叫さけびこれを除け これを除け 十字架につけよといふ ピラト彼等にいひけるは われなんぢらの王を十字架につくべけんや 祭司の長等をさたちこたへけるは カイザルのほかわれらに王なし
  16. つひにピラト彼を十字架につけしめんとて彼等にわたせり こゝおいて彼等イエスをとり曳往ひきゆけ
  17. イエス十字架をおひ髑髏されかうべいへる所 ヘブルのことばにていへばゴルゴタといふ所にゆけ
  18. 此所このところにて彼を十字架につけたり ほかに二人の者かれとともに十字架につけらる 一人は右一人は左イエスなかをれ
  19. ピラト罪標すてふだを十字架につけはユダヤびとの王なるナザレのイエスなりとしるしたり
  20. 許多おほくのユダヤびとこの罪標すてふだよめそはイエスを十字架につけし所は京城みやこに近ければなり そのふだはヘブル ギリシヤ ロマのことばにてしるしたり
  21. ユダヤびとの祭司の長等をさたちピラトにいひけるは ユダヤびとの王としるなかみづからユダヤびとの王なりといひしとしるすべし
  22. ピラトこたへけるは わがしるしゝ所すでにしるしたり
  23. 兵卒どもイエスを十字架につけのちその上衣うはぎをとりよつわけおのおのそのひとつとりまた裹衣したぎとれこの裹衣したぎぬひめなく上よりまったおれるものなりければ
  24. たがひいひけるは これさかずしてたれものにならんかくじにすべし は聖書に彼等たがひにわがころもわけわが裹衣したぎくじにすといひしにかなはせんためなり 兵卒どもすでこの事をなせ
  25. さてイエスの母と母の姊妹しまいおよびクロパの妻のマリアまたマグダラのマリアその十字架のかたはらたて
  26. イエス母と愛する所の弟子とかたはらたてるを見て母にいひけるは をんなこれなんぢの子なり
  27. また弟子にいひけるは これなんぢの母なり 是時このときその弟子かれをおのれの家に携往つれゆけ
  28. かくてイエスすべての事のすでをはれるをしり聖書にかなはせんためわれかわくといへり
  29. 此處このところ滿みちたる噐皿うつはありしかば兵卒ども海絨うみわたひた牛膝草ヒソプつけその口にあた
  30. イエスうけのちいひけるは 事をはりかうべたれれいわたせり

  31. この日は節筵いはひ備日そなへびなり この安息日あんそくにちおほいなる安息日あんそくにちなればしかばねを十字架の上におくことをこのまざるがゆゑにユダヤびとピラトにむかひかれらのあしをりそのしかばね取除とりのぞくことをねがへり
  32. こゝおいて兵卒どもイエスとともに十字架につけられし者の一人のあしを先にをり次にまた一人のあしをり
  33. のちにイエスにきたりしにすでしにたるを見てそのあしをらざりき
  34. 一人の兵卒やりにてそのあばらつきければたゞちに血と水と流出ながれいでたり
  35. これを見し者あかしたつ そのあかしまことなり 彼またみづかいふところのまことなるをしる 爾曹なんぢらをして信ぜしめんがためなり
  36. この事なれしるして その骨のひとつをもくだかざるべしとあるかなはせんためなり
  37. またほかふみに 彼等のさしし者を彼等みるべしといへ

  38. 是後このゝちアリマタヤのヨセフといへる者にてさきにユダヤびとおそれひそかにイエスの弟子となれる者イエスのしかばねとらんとてピラトにこふ ピラトこれを許しゝによりきたりてそのしかばねとれ
  39. またさき夜間よるイエスにきたりしニコデモといふ人沒藥もつやく蘆薈ろくゎいまぜおほよそ百きんばかり携來たづさへきた
  40. 彼等イエスのしかばねとりてユダヤびとはうむりならはししたがこれを布とかうにてつゝめ
  41. さて十字架につけその近傍あたりそのあり そのうちいまだ人を葬りし事なきあたらしき墓あり
  42. この日はユダヤびと節筵いはひ備日そなへびなり 又墓近かりければ其處そこにイエスをおけ


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |