新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 一 章



  1. テヨピロよ われすでに前書まへのふみつくりおほよそイエスのはじめて行へるところをしへし所をしる
  2. そのえらびたる使徒等しとたちに聖靈によりて命ぜしのちあげられし時にまで至れり
  3. それイエスは苦難くるしみうけのちおほくの確據たしかなるしるしおのれいきたる事を現し四十日しじふにちの間かれらに見え神の國の事につきて語り
  4. また彼等とともあつまて命じけるは 爾曹なんぢらヱルサレムをはなれずしてわれきける所の父の約束し給ひし事をまつべし
  5. そはヨハネは水をてバプテスマをなしたれども爾曹なんぢらひさしからずして聖靈によりバプテスマをうくべければなり
  6. あつまれる者かれにとひけるは しゅなんぢいま國をイスラエルにかへさんとする
  7. 彼等にいひけるは 父のそのちからにてさだめたまへる時また爾曹なんぢらしるべき所にあら
  8. されども聖靈なんぢらに臨むによりのち爾曹なんぢら能力ちからうけヱルサレム ユダヤ全國 サマリアおよび地のはてにまで證人あかしびとなるべし
  9. この事を言畢いひをはりしのち彼等のみるうちあげらる 雲これをうけみえざらしめたり
  10. イエスの昇れる時かれら天をあふたりしに白衣しろきころもを着たる二人の人ありてかたはらたち
  11. いひけるは ガリラヤびと何故なにゆゑに天をあふぎたてるや 爾曹なんぢらはなれて天にあげられしこのイエスは爾曹なんぢらかれの天に昇るを見たるその如くまたきたらん

  12. その時かれら橄欖かんらんなづくる山よりヱルサレムに歸る この山はヱルサレムに近くおほよ安息日あんそくにちゆきうるみちのりなり
  13. すでいりたかどのに登れり こゝとゞまれる者はペテロ ヤコブ ヨハネ アンデレ ピリポ トマス バルトロマイ マタイ アルパイの子ヤコブ ゼロテといへるシモン ヤコブの兄弟なるユダなり
  14. すべてこの人々は婦等をんなたち及びイエスの母マリアまたイエスの兄弟とともに心をあはせてつね祈禱いのりつとめたり

  15. 當時そのころペテロ弟子たちそのあつまれる者おほよそ百二十人なり)のなかたちいひけるは
  16. 人々兄弟よ 聖靈ダビデの口によりてイエスをとらふる者を導けるユダにつきあらかじめかたりたる この聖書は必ずおうずべかりしなり
  17. そは彼も我儕われらと共につらなりてこのつとめうけたればなり
  18. この人は不義のあたひをもて地所ちしょかひまたさかさまおち眞中たゞなかよりやぶそのはらわたことごとく流出ながれいでたり
  19. この事ヱルサレムにすめすべての人にしれしかばその地所ちしょ方言くにことばにてアケルダマとよぶ これをとけば血の地所ちしょなり
  20. 詩のまきしるして 彼の家はむなしくなれ 其中そのうちに人を住居すまはするなかかれつとめ他人ひとに得させよといへ
  21. 是故このゆゑしゅイエスの我儕われらうち往來ゆきゝたまひたる間
  22. 即ちヨハネのバプテスマよりはじめわれらをはなれあげられし日に至るまでつね我儕われらともありし者のうち一人われらと共にそのよみがへりし事の證人あかしびとなるべきなり
  23. こゝおいてバルサバととなふるヨセフ又の名はユストといへる者とマツテアとの二人をあげ
  24. いのりいひけるは 衆人すべてのひとの心をしりたまふしゅねがはくは奉事つかふることゝ使徒のつとめを得させんがためこの二人のうちいづれえらびたまひしか示し給へ
  25. 既にユダはこのつとめはなれそのゆくべき所にゆきたり
  26. かくくじとりしにマツテアにあたりければかれ十一人の使徒たちと共につらなれり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |