新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 三 章



  1. 第三時祈禱いのりの時にあたりてペテロとヨハネ共に殿みやのぼりしに
  2. 一人の生來うまれつきなるあしなへあり 殿みやにいる人に施濟ほどこしこはために日ごとおはれて殿みやうつくしなづくる門におか
  3. 彼ペテロとヨハネの殿みやいらんとするを見て施濟ほどこしこへ
  4. ペテロ ヨハネと共に熟々つらつらこれを見ていひけるは 我儕われら
  5. かれうることあらんとおもひて彼等を見つめたり
  6. ペテロいひけるは 金銀はわれになし たゞわれにあるものをなんぢあたふ ナザレのイエスキリストの名によりたちあゆ
  7. つひその右の手をとりこれをおこしければその足とくるぶしたゞちに健勁つよくなりて
  8. 躍立をどりたちかつあゆめり をどりあゆみ神を讚美ほめつゝ彼等ととも殿みやいり
  9. 衆民すべてのたみかれのあゆみ神をほむるを見て
  10. もとその殿みや美門うつくしきもん施濟ほどこしこひたりし者なるをしりこの人に所過ありしことをおほいおどろあやしめり
  11. その跛者あしなへペテロとヨハネにすがりをりあひだに民みなおどろくことはなはだしくソロモンのらうなづくる所に趨集かけあつまれり
  12. ペテロこれを見て民にこたへけるは イスラエルの人々よ 何故なにゆゑこの事をあやしとするや 我儕われら自己みづからちからと德をもてこの人をあゆましゝが如くなん我儕われらに目をつくるや
  13. それアブラハム イサク ヤコブの神わが先祖たちの神はそのしもべイエスすなは爾曹なんぢらわたしゝ者 ピラトがゆるす事をさだめたる時その前に爾曹なんぢらこばみし所の者をあがめ給へり
  14. 爾曹なんぢら聖者きよきもの義者たゞしきものこばみ人を殺しゝ者をおのれあたへられん事をもとめ
  15. かつ生命いのちぬしを殺せり 神はこれを死よりよみがへらせ我儕われらその證人あかしびとなるなり
  16. イエスの名はその名を信ずるにより爾曹なんぢらみるところしるところのこの人を健勁つよくせり 如此かくイエスによれる信仰は爾曹なんぢらすべてのものの前におい此人このひとを全くいやしたり
  17. 兄弟よ われしる なんぢらがおこなひし事はしらざるによりてなり 爾曹なんぢら有司等つかさたちまたしか
  18. しかれども神はすべての預言者の口によりてキリストのくるしみうくることをあらかじめ示し其言そのこと如此かくかなはせ給へり
  19. 是故このゆえ爾曹なんぢら罪をくひ心をあらためその罪のけさるゝことをそはしゅの前より安舒やすき日のきた
  20. かつあらかじめさだめたまひしイエスキリストをおくられんがためなり
  21. 神のいにしへよりきよき預言者の口によりいひたまひし萬物ばんもつ復興あらたまらん時まで天は必ず彼をうけおくべし
  22. モーセ我儕われらの先祖たちにつげいひけるは しゅなる爾曹なんぢらの神は爾曹なんぢらの兄弟のうちよりわれに似たる一人の預言者をおこさん その爾曹なんぢらつぐすべてこときくべし
  23. すべこの預言者にきゝ從はざる者は民のうちより取滅とりほろぼさる
  24. 又サムエルより以來このかたかたりし所の預言者も皆あらかじめこの日をさしいへ
  25. それ爾曹なんぢらは預言者の子孫なり かつ神の我儕われらが先祖たちにたてたまひし契約を承繼うけつぐものなり すなはちアブラハムにつげて 地の諸族はなんぢすゑよりさいはひんといひ給へり
  26. 神すでにそのしもべイエスをたてなんぢら各人おのおのその惡より引反ひきかへさいはひさせんがためまづなんぢらに彼をつかはせり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |