新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 六 章



  1. 當時そのころ弟子たちのかずおほくくはゝりギリシヤ方言ことばのユダヤびとその嫠等やもめたちが日々の施濟ほどこし遺漏みおとされしをてヘブル方言ことばのユダヤびとにむかひ怨言つぶやきし事ありければ
  2. 十二人の者弟子たち召集よびあつめいひけるは 我儕われら神のことばすて飲食いんしょくの事につかふるはこゝろかなは
  3. 是故このゆゑに兄弟よ 爾曹なんぢらうちより聖靈と智慧に滿みちたるよきあかしある者七人をえらぶべし 我儕われらそれをたてこの事をつかさどらせん
  4. しかして我儕われらは常に祈る事とみちつたふることをつとむべし
  5. このことばすべての人の心にかなひければ信仰と聖靈の滿みちたるステパノおよびピリポ プロコロ ニカノル テモン パルメナ又ユダヤ敎にいりしアンテオケのニコラを撰び
  6. この人々を使徒たちの前にたゝしむ 使徒たち祈りてその上に手をおけ

  7. 神のみちいよいよ傳播ひろまりて弟子たちかずヱルサレムにはなはだしくまさり祭司も多く信仰の道に從へり

  8. ステパノめぐみ能力ちから滿みちふしぎなるわざおほいなる休徵しるしを民のうちに行へり
  9. 時にリベルテンととなふる會堂及びクレネびと アレキサンデリアびと キリキアびと アジアびとの諸會堂より人々たちてステパノと言爭いひあらそ
  10. 彼等ステパノの智慧とこれよりいふところのみたまに敵することあたは
  11. つひに人をして誣告いつはりいはしめけるは 我儕われらかれがことばきゝしにモーセと神を謗讟けがしたり
  12. かれら民と長老としより學者たちの心をうごかさせ突然きたりて彼をとらへ集議所に曳來ひききた
  13. いつはり證人あかしびとたていはせけるは この人は聖所きよきところ律法おきて謗讟けがす事をかたりやま
  14. そはかれかたりこのナザレのイエスは此所このところこぼかつモーセの我儕われらさづけし所の例をかふべしといへるを我儕われらきゝたればなり
  15. こゝおいて集議所にせる者みな目をとめて彼を見しにそのかほ天使てんのつかひかほごとくなり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |