新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 七 章



  1. さて祭司のをさいひけるはこの事かくのごとくなる
  2. ステパノいひけるは ひとびと兄弟および父等ちゝたちきけ われらの先祖アブラハムいまだカランにすまざるさきメソポタミヤにありしとき榮光の神あらはれて
  3. 彼にいひたまひけるは なんぢの國をいでなんぢの親族をはなれわれなんぢに示さん所の地に至れ
  4. かくてアブラハム カルダヤびとの地をいでカランにすめその父のしにしのち神は彼を彼處かしこより今なんぢらがすむところのこの地に移し給へり
  5. この地においては足を踏立ふみたつるほどの地をもあたへかつかれはいまだ子あらざりしにこの地を產業として彼とその子孫にあたへんと約束し給へり
  6. 如此かくいひ給へり かれすゑほかの國にやどらん ほかの國の人々これを奴隷となし四百年しひゃくねんあひだなやまさん
  7. 神またいはく かれらを奴隷とする國民くにびとわれさばくべし 厥後そののちかれらその國をいでこのところおいわれつかへんと
  8. また彼に割禮かつれいの契約をあたへ給へり かくてアブラハム イサクをうみ第八日やうかめ割禮かつれいこれに行ふ イサク ヤコブをうみヤコブ十二の始祖しそうむ
  9. 始祖しそたちヨセフをねたみこれをエジプトにうれされど神は彼とともあり
  10. すべての患難のうちよりこれ救出すくひいだしエジプト王パロの前におい恩寵めぐみと智慧とをあたへてエジプトおよびパロの全家をつかさどらせ給ふ
  11. こゝにエジプト カナンのすべての地に饑饉とおほいなるなやみあり 我儕われらの先祖たちも食物しょくもつうる事を得ざりき
  12. しかるにヤコブ エジプトに穀物ある事をきゝまづわれらの先祖たちをつかは
  13. 再びつかはしゝ時ヨセフその兄弟にしらかつヨセフの親族パロにあきらかになれり
  14. ヨセフ人をつかはしてその父およびすべての家族七十五人しちじふごにん召來よびきたらしむ
  15. こゝおいてヤコブ エジプトにくだれり 彼も我儕われらの先祖たちもしにたるのち
  16. スケムにおくられアブラハムがかねをもてスケムの父なるヱンモルの子孫よりかひおきし墓にはうむられたり
  17. 神のアブラハムに示し給へる約束とときちかづくに從ひて民蕃衍ふえひろがりてエジプトにおほくなれり
  18. ヨセフの事をしらざるほかの王おこるに至りて
  19. かれあしき謀計はかりごとをもて我儕われらの親族をあしら我儕われらの先祖たちを困苦なやまその嬰孫おさなご活殘いきのこらざるやうこれすてさせんとせり
  20. その時モーセうまれいとうるはしく三か月のあひだ父の家にそだてられ
  21. すてられしのちパロのむすめこれをひろひあげおのれの子としてそだてたり
  22. モーセことごとくエジプトびとの學術ををしへられことばわざとに才能ちからあり
  23. 四十歲しじふさいおよびその兄弟なるイスラエルの子孫をかへりみるの心おこれり
  24. 一人の寃抑しひたげらるゝ者を見てこれを保護まもりエジプトびとうちそのあだむくひたり
  25. モーセはわが手をもて神の彼等をすくはんとし給ふ事をその兄弟さとるならんとおもひしかど彼等はさとらざりき
  26. 次日あくるひかれら相鬪あひたゝかふ事ありければこれに現れてやはらいひけるは 人々よ 爾曹なんぢら兄弟なるに何故なにゆゑ相害あひそこなふや
  27. その友をそこなふ者かれを拒却おしのけいひけるは なんぢたて我儕われら有司つかさまた刑官さばきびとなししや
  28. なんぢ昨日きのふエジプトびとを殺しゝごとくまたわれをも殺さんとする
  29. モーセこのことばによりのがれてミデアンの地に旅人となり彼處かしこおいて二人の子をうめ
  30. 既に四十年しじふねんすぎし時シナイやまおいしゅ使者つかひしばなか火焰ほのほうちにてモーセに現る
  31. モーセこれを見てあやし諦視みとめんとしてちかよれるときしゅの聲ありいは
  32. われなんぢ列祖せんぞたちの神すなはちアブラハムの神イサクの神ヤコブの神なり モーセ畏怖おそれおのゝあへ諦視みとめざりき
  33. しゅまた彼にいひ給ひけるは なんぢの足のくつぬげ なんぢがたてところ聖地きよきちなり
  34. われすでにエジプトにあるわが民の苦難なやみを見かつその嘆息なげききゝこれをすくはんがためくだれり きたわれなんぢをエジプトへつかはさんと
  35. それ彼らがこばみたれなんぢたて有司つかさまた刑官さばきびとなしいひこのモーセを神は棘中しばのなかに現れし使者つかひの手により有司つかさまた救者すくひびととしてつかはし給へり
  36. この人エジプトおよび紅海また四十年しじふねんあひだおい奇跡ふしぎなるわざ休徵しるしを行ひて彼等を導きいだせり
  37. イスラエルの子孫にかたりて 神は爾曹なんぢらの兄弟のうちよりわがごとき一人の預言者を爾曹なんぢらためおこし給ふべしいひしはすなはこのモーセなり
  38. 彼は野のあつまりをりシナイやまにておのれに語れる所の天使つかひまた我儕われらの先祖たちともあり我儕われらさづけんがいけことばうけし者なり
  39. この人に我儕われらの先祖たちはしたがふことをこのまかへっこれしりぞその心すでにエジプトに返り
  40. アロンにいひけるは 我儕われらさきだつべき神を我儕われらために造れ そはわれらをエジプトの地より導きいだしゝかのモーセは如何いかになりしかしらざればなり
  41. 厥時そのときかれらこうしつくりそのざう犧牲いけにへを獻げおのれの手の所爲わざを喜べり
  42. こゝおいて神は彼等をかへりみずしてその天の軍勢を祭るにまかせ給へり すなはち預言者のふみに イスラエルのやから爾曹なんぢら四十年しじふねんのあひだおい犧牲いけにへ祭物そなへものわれさゝげしや
  43. また爾曹なんぢらはモロクの幕屋およびレバンといふ神にかたどれる星すなはち爾曹なんぢらはいするために造れる所のざうを携へたり われなんぢらをバビロンのさきうつさんとしるされたる如し
  44. 我儕われらの先祖たちはにてあかしの幕屋をもてはモーセに語れる者かれにむかひすでに見し所ののりしたがひて造れと命ぜし如く造れる者なり
  45. 我儕われらの先祖たちこの幕屋をうけてヨシユアとともに異邦人の地を攻取せめとりし時これを携入たづさへいれこの異邦人はダビデの時までに我儕われらの先祖たちのまへより神の逐驅おひはらたまひし所の者なり
  46. ダビデ神の前にめぐみうけてヤコブの神のため居所すみかまうけんとねがひたれど
  47. ソロモン神のため殿いへたてたり
  48. しかれども至上いとたかき神は手にて造れる所にたまはず そは預言者のいへる如し
  49. すなはしゅいひたまはく 天はわが座位くらゐなり 地はわが足凳あしだいなり 爾曹なんぢらわがために如何いかなるいへたてんとするか 又わがやすむ所は何處いづこなる
  50. が手はこのすべての物を造らざりし
  51. 强頑かたくなにして心と耳に割禮かつれいうけざる者よ 爾曹なんぢら常に聖靈にさからその先祖たちの如く爾曹なんぢらなすなり
  52. 爾曹なんぢらの先祖たちいづれの預言者をか窘迫なやまさざりし 彼等は義者たゞしきものきたらんことをあらかじかたりし者を殺し爾曹なんぢらは今その義者たゞしきものわたかつこれを殺す者となれり
  53. 爾曹なんぢらは天の使者つかひより律法おきてうけなほこれまもらざるなり

  54. 衆人ひとびとこれらのこときゝおほいに憤り切齒はがみしつゝステパノにむかへり
  55. しかるにステパノは聖靈に滿みたされ天をあふぎて神の榮光とその右にイエスのたてるを見ていひけるは
  56. われ天ひらけて神の右に人の子のたてるをみる
  57. こゝおいて彼等おほいよばゝり耳をおほひ心をあはせてステパノのもとかけより
  58. 彼をまちより逐出おひいだし石をもてこれをうつ 證人等あかしびとらおのおのその衣服うはぎをサウロといへ少年わかもの足下あしもとおけ
  59. 彼等が石をてステパノをうてる時かれいのりいひけるは しゅイエスよ わが靈魂たましひうけたまへ
  60. またひざまづき大聲によびいひけるは しゅこの罪を彼等におはしむるなか此言このことをいひをはりねむりつく サウロ彼の殺されしをよしとせり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |